おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

JA

chikaratsukiru_businessman[1]

1: 名無しのおじさん 2020/09/03(木) 15:41:36.82 ID:hIeKMkGRp
「仕事疲れた 1人だけいろいろせなんのはもう無理 なんで俺だけ仕込みと検査と事務全部せないかんと? 
なんでこんな残業せないかんと? もういやだ」。
熊本県のJA阿蘇のヨーグルト工場に勤務していた男性(当時29歳)が2019年3月、スマートフォンにメッセージを残して命を絶った。
なぜ「仕事」に男性は追い詰められたのか。遺族の声を聴き、経緯をたどった。

「こんな形で突然亡くなるとは。上司が息子の勤務状況や健康状態の把握を怠ったための過労死だ」。
6月に取材に応じた父親は、男性の勤務時間などが記録された文書を見ながら声を震わせた。

 19年3月11日朝、家族は職場から「出勤していない」と連絡を受け、捜したところ、自宅近くの農業用倉庫で死亡しているのが見つかった。
男性の車の中からスマホを見つけた警察官は、待ち受け画面に残されていたメッセージを見て
「見つけた人に(男性のメッセージが)すぐ分かるようにしたのではないか」と家族に告げた。

 男性は専門学校で自動車整備士の資格を取り、10年にJA阿蘇の職員となった。
当初は農機具を整備する仕事をしていたが、12年に同県小国町のヨーグルト工場に配置換えになった。
遺族が開示を受けた菊池労働基準監督署の調査文書によると、18年5月末には一緒に製造を担当していた同僚が退職し、男性が1人で担当するようになった。
男性が亡くなる前6カ月間の時間外労働時間は月平均88時間で、「過労死ライン」とされる80時間を超えていた。


https://mainichi.jp/articles/20200902/k00/00m/040/191000c
no title

【【悲報】ヨーグルト工場男性「なんで残業せないかんと?」遺書を残し自殺】の続きを読む

001[1]

1: 名無しのおじさん 2019/05/12(日) 09:28:15.15 ID:p3ZL2uvg0
非効率の極みやでほんま

【農業って若者がガチれば割と無双出来るよな?】の続きを読む

このページのトップヘ