おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

AI

1: 名無しのおじさん 2019/02/02(土) 05:59:54.45 ID:hCH1oViEd0202
https://twitter.com/head_s/status/1091220327332335616?s=19

@head_s

さっき知ったのだが、ビリビリ動画ではAIを使ってキャラクターを認識し、弾幕がそのキャラを避けるような機能の実験を開始したらしい。
https://www.bilibili.com/video/av42062024

なんか普通に日本からでも見られた。この動画らしい…。
画面下の設定で「智能防当弾幕」というなんか意味がわかりそうな感じのチェックを入れるとたしかに弾幕が避ける……。事前にレイヤ分けしたのがほんとにAIかどうかはともかく、そういう機能は実験中らしい。

no title

no title

no title

【ビリビリ動画の「コメントがキャラクターを避ける機能」が凄い】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/01/28(月) 11:18:18.46 ID:vAakVayP0
2019年、開局60周年を迎えるテレビ朝日。その記念すべき開局記念日である2月1日(金)にテレビ朝日が誇る音楽番組『ミュージックステーション』の3時間スペシャルが放送される。

今回のスペシャルでは、奇跡のコラボが実現。2007年5月に逝去した伝説の歌姫・ZARDの坂井泉水がハリウッドの最新技術で復活し、倉木麻衣と一夜限りのデュエットを披露する。
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000003-exmusic-musi

【【朗報】ZARD坂井泉水さん、復活する 】の続きを読む

o0400029511139340027[1]

1: 名無しのおじさん 2019/01/17(木) 11:49:28.50 ID:JZkTh32Aa
no title

【戦闘用ロボ「ナゼ 人間ガ 泣クノカ 今ワカッタ・・・」】の続きを読む

IMG_6602[1]

1: 名無しのおじさん 2018/12/26(水) 15:16:09.23 ID:lWmFSFO60
アマゾンのスマートスピーカー「アマゾン・エコー」に搭載されているAIアシスタント「アレクサ(Alexa)」が、あるユーザーに「里親を殺せ」と告げたことが明らかになり、物議をかもしている。
同じロイターの記事では、詳細は不明だが「性行為」に関する話や、犬の排便について語り始めるケースもあったという。

【彡(^)(^)「アレクサ、ただいま」アレクサ「犬のうんちぶりぶり」彡(゚)(゚)「ファッ!?」 】の続きを読む

CpEZ2otUEAQRKi1[1]

1: 名無しのおじさん 2018/11/09(金) 10:24:34.66 ID:JwrJXbiT6
ペッパー君さようなら 8割超が“もう要らない”〈週刊朝日〉
孫正義氏と「握手」をし、前途洋々のはずだったペッパー君 (c)朝日新聞社
 ソフトバンク社の人型ロボット・Pepper(ペッパー)の契約更改が佳境を迎えている。

 ソフトバンクグループ子会社のソフトバンクロボティクスは、2015年10月から契約期間が3年の法人向けモデル「Pepper for Biz」を開始。
つまりPepperを契約した法人は今年10月から契約更改となる。

 ところが、「日経xTECH」の調査で、レンタル契約の更改を予定する企業が15%にとどまることが明らかになった。
Pepperの導入を表明している44社を対象にアンケートを実施し、27社から回答を得たが、「更新予定」と答えた企業は27社中4社(15%)のみ。

 Pepperを導入した企業の担当者は、

「3年前は目新しさがあったのですが、今となってはブームは過ぎ去り、Pepperを見かけても、多くの人がスルーしていきます。結局、ロビーやフロント前においても、話しかけるのは小さい子ども。今は、倉庫に眠っています」

 と漏らす。

 ここ数年、急速にウェブサービスやアプリケーション、AIが発達してきたことで、「Pepperである必要がない」「他のサービスで補填(ほてん)できる」という声も上がる。
多言語対応が売りの一つであったPepperだったが、現在はiPadのアプリでカバーが可能だという。
 AIベンチャー社長の高倉葉太氏もこう指摘する。

「開発ツールが整っているソフトバンク制作なので、技術的にはお墨付きでしょう。ただ、技術をどう生かすかがカギ。Pepperは、技術や人工知能の無駄遣いと言えるのでは」

 さらにネックなのは費用だ。ソフトバンクロボティクスによれば、Pepperの法人向けプラン(3年契約)は、手数料と月額利用料で198万9800円(税抜き)。
「アプリのほうが便利でかつ安いので、Pepperを使う意味がなくなりました」(企業担当者)

 しかしソフトバンクはただでは転ばないだろう。

 うつむいて倉庫に眠るPepperのリニューアルした姿を見たいものだ。(本誌・田中将介)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00000011-sasahi-sci

【ペッパー君さようなら 8割超が“もう要らない” 】の続きを読む

このページのトップヘ