おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

100万回生きたねこ

1: 名無しのおじさん 2019/11/11(月) 18:49:24.89 ID:DgZOaotA01111
2004年に中国で翻訳本が発売されて以来、日本の著名絵本作家・佐野洋子氏の代表作「100万回生きたねこ」は販売部数が100万冊を突破、この名作は「100万回読んでも飽きることがない本」と称賛されるミリオンセラーとなった。新華社が報じた。

児童文学作家の金波氏は、「『100万回生きたねこ』は、読むたびに新しい感動を生む作品だ。だから私は常に、書棚の中でも一番手が届きやすい場所にこの本を置いている」と話した

no title

【【朗報】絵本「100万回生きたねこ」、中国でミリオンセラーに 】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/02/09(土) 09:33:05.37 ID:8/in+z3r0
no title

【「100万回生きたねこ」】の続きを読む

le-chat-aux-millions-de-vies-1[1]

1: 名無しのおじさん 2018/11/11(日) 08:39:08.85 ID:fBQAhGFGa
ねこは、誰よりも自分が好きだったのです。
たった1ぴき、ねこに見むきもしない、白い美しいねこがいました。
ねこは、白いねこのそばにいって 「おれは、100万回もしんだんだぜ!」と言いました。
白いねこは「そう。」といったきりでした。
ねこは、少し腹を立てました。
なにしろ、 自分がだいすきでしたからね。
次の日も、次の日も、ねこは白いねこのところへ行って、言いました。
「きみはまだ1回も生きおわっていないんだろ。」
白いねこは「そう。」と言ったきりでした。
ある日、ねこは、白いねこの前でくるくると3回宙返りをして言いました。
「おれ、サーカスのネコだったことも あるんだぜ。」
白いねこは「そう。」と言ったきりでした。
「おれは、100万回も......。」 と 言いかけて
ねこは「そばにいてもいいかい。」と
白いねこにたずねました。
白いねこは「ええ。」 と言いました。
ねこは、 白いねこのそばにいつまでも いました。
白いねこは、かわいい子ねこをたくさん産みました。
ねこはもう「おれは、 100万回も......。」 とは、決して言いませんでした。
ねこは、 白いねことたくさんの子ねこを、 自分よりも すきなくらいでした。
やがて、 子ねこ達は大きくなって、 それぞれどこかへ行きました。
「あいつらもりっぱなのらねこになったなあ。」
と、 ねこは満足して言いました。
「ええ。」 と 白いねこは 言いました。
そして、 グルグルと やさしく のどを 鳴らしました。
白いねこは、すこしおばあさんに なっていました。
ねこは、いっそう やさしく、グルグルとのどをならしました。
ねこは、白いねこといっしょにいつまでも 生きていたいと思いました。
ある日、 白いねこは、ねこのとなりでしずかにうごかなくなっていました。
ねこは、 はじめて泣きました。
夜になって、朝になって、また夜になって、朝になって、100万回も泣きました。
朝になって、夜になって、ある日のお昼に、ねこは泣きやみました。
ねこは、白いねこの となりで、しずかにうごかなくなりました

【ねこは言いました。「おれは100万回も死んだんだぜ、いまさらおっかしくて!」 】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2018/09/08(土) 09:10:37.48 ID:f2jZQkhj0
no title

no title

no title

no title

【「おまえ…女だったのか!?」 「お前も女だったのかよ!」 】の続きを読む

eebda8f0_400x400[1]
1: 名無しのおじさん 2018/07/30(月) 08:59:22.51 ID:gW5MaMFsr
ワイ「そうすれば同人の竿役いない問題が解決するだろう」
村人「なるほど!そんな発想があったなんて…」

【ワイ「ふむ、では百合物は片方をふたなりにしてはどうだろう」村人「!?」】の続きを読む

このページのトップヘ