おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

黒人

1: 名無しのおじさん 2020/07/19(日) 07:30:52.07 ID:tUPtvi0Y0
うおおおおおおおおおお!!

https://twitter.com/aisuchole/status/1273777453534547968

Ghibli, but black. #drawingwhileblack

no title

no title
no title
no title
no title

【【悲報】黒人「ジブリキャラを黒人にしてみた(笑)」絶賛の声】の続きを読む

hdd_jumper_pin_l[1]

1: 名無しのおじさん 2020/07/13(月) 11:01:15.00 ID:yykuhwRu0
一向に解消されない人種差別に抗議して、世界中に広がった「Black Lives Matter」(BLM)運動。
一時期のように大規模なデモや暴動は収まったものの、あらゆる方面で余波は続く。
IT業界では今、「master」「slave」という用語に矛先が向けられている。

masterとslaveは、ハードウェアやソフトウェアの世界で、制御する側とされる側の役割分担を表す。
制御する側がmaster、制御される側がslave。マスター、スレーブという片仮名にしてしまうと
印象は薄いけれど、英語本来の意味は「主人」と「奴隷」。アメリカの歴史の闇に直結する。

今回のBLM運動で、その流れは一気に加速する。
Twitterは「われわれの会社としての価値観を反映していない」として、master/slaveなどを
別の用語に切り替えると発表。GitHubは、これまで「master」と呼んでいたデフォルトの
ブランチの名称を「main」に変更した。


【【悲報】IT業界から「Master」「Slave」は人種差別的用語だとして削除される…】の続きを読む

440px-Chess_set_4o06[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/29(月) 20:00:24.70 ID:ZljZG3j20NIKU
きっかけは、オーストラリアチェス連盟(ACF)の元代表で経済学者のジョン・アダムス氏の2020年6月23日のツイート。

豪州の公共放送・ABCラジオシドニーのプロデューサーからチェスのルールについて電話がかかってきたという(翻訳は全て編集部)。


「ABCシドニーを拠点とするプロデューサーから、チェスのゲームについてコメントを求める電話がかかってきた!

ABCラジオは『白が常に先攻であることを考えるとチェスは人種差別主義だ』という見方をしている!

ルール改訂を行うべきかどうか、チェス関係者のコメントを求めている」


https://www.j-cast.com/2020/06/29388964.html

【黒人様「チェスは白が先行なので黒人差別に該当します ルールを変更しなさい」】の続きを読む

5e62a0e1344695a17f6a942866e6bb27_600[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/22(月) 11:58:24.01 ID:D5GQaUSUp
ワシントン(CNN) 今年の米大統領選で民主党候補の指名を争い、副大統領候補としても浮上していたエイミー・クロブシャー上院議員(ミネソタ州選出)は21日までに、副大統領候補の辞退を表明し、白人でない女性を選ぶべきだとの考えを示した。


米MSNBCテレビとの会見で述べた。自らも白人であるクロブシャー上院議員は副大統領候補から退く理由として、人種的な不公平さと警察の横暴さについて全米規模での議論が続く社会状況に触れた。
民主党の大統領候補に内定しているバイデン前副大統領とも電話で話し合い、有色人種の女性を副大統領候補に選ぶべき時機が来たと述べたとした。
資格のある非常に多くの女性がいるとも指摘。この国を今すぐ癒やしたいと考えるなら、民主党はそうするべきだとも説いた。

クロブシャー上院議員はここ数カ月間、中道路線を唱える政治的な立場や知名度から有力な副大統領候補と目されていた。ただ、白人警官が黒人男性を死なせた事件を契機に人種問題が改めて注目を浴びるなかで、バイデン氏は白人でない女性を副大統領候補にすべきとの声も強まっていた。


【【悲報】アメリカ、終わる... 次の副大統領が強制的に「黒人女性」へwwwwwwwwwww】の続きを読む

Beethoven[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/20(土) 03:12:35.76 ID:joDpDczPp
「ベートーベン黒人説」の真偽より大事なこと


ベートーベンは黒人だった?──以前、あるウェブサイトに投稿された仮説が注目を集め、議論になっている。【セレン・モリス】


2015年、米コンコーディア大学の学生新聞「ザ・コンコーディアン」のウェブサイトに、作曲家ベートーベンは黒人だったと示唆する記事が投稿された。
私たちが彼について知っていることは全て、嘘で塗り固められた虚構なのかもしれないと主張している。

ルードウィヒ・ファン・ベートーベンについて分かっていることは、1770年にドイツのボンで生まれ、1792年にオーストリアのウィーンに移住したこと、そして家族のルーツがヨーロッパ北部のフランドル地方にあることだ。

ザ・コンコーディアンへの投稿は、彼の母親であるマリア・マグダレーナ・ケフェリヒがムーア人(ヨーロッパに暮らすイスラム教徒やアフリカ系の人々)の子孫だった可能性が高いと示唆している。
彼女が生まれたとされる地域が、ムーア人の直接の支配下にあったことがその理由だ。

投稿者はさらにベートーベンの身体的特徴を引き合いに出し、鉛筆で描かれたスケッチではベートーベンの肌が「とても濃い色で」描かれており、「黒人説」を裏づけていると説明。ベートーベンの肖像画を見ると白人に見えるが、これらの肖像画はどれもベートーベンのイメージを絵にしたものだから当てにはならないと主張した。


【【悲報】黒人「ベートーベンは黒人だった!否定する奴はレイシスト!」】の続きを読む

このページのトップヘ