おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

食べて応援

10983_report_title_640_360[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/17(月) 05:49:02.23 ID:A8XipIMm0
ワイ(久しぶり食ったけどあんまりうまくないな…)モソモソ



一か月後ワイ「久しぶりにうな重食いたいなぁ…」

【ワイ「久しぶりにうな重食べたいなぁ」店員「はい1500円」】の続きを読む

20180626222246[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/11(火) 23:41:04.64 ID:64cPezg40
イオン、ウナギ代替にサケのかば焼き 「丑の日」控え
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO45609100T00C19A6HE6A00

イオンは夏に需要が高まるウナギの代替品としてサケのかば焼きを提案する。サバやナマズといった既存品と合わせて代替品の売り上げを伸ばす。ウナギは世界的に絶滅が危惧されており、資源の確保が課題になっている。環境対策を進めつつ「土用の丑の日」など需要の高まりに対応する。
no title

【【食べて応援】うなぎがピンチです。】の続きを読む

43289_8885_l[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/13(土) 20:45:57.90 ID:964rfpYZ0
サンマ漁前倒し5月開始へ 北太平洋公海、不漁契機

8~12月が操業期間と定められていたサンマ漁が、今年は前倒しされて5月から北太平洋の公海で始まることが13日、分かった。
深刻な不漁が続いていることが背景にあり、水産庁は操業期間の制限を外した。
漁獲量を確保する狙いがあるが、水揚げ量の見込みや採算性は不透明だ。

全国さんま棒受網漁業協同組合によると、一部の漁船が5月中旬から7月中旬にかけて操業する見通し。
北海道と青森、岩手、宮城、富山各県の漁船計約20隻が参加する意向を示している。サンマは洋上でロシア船に売却したり、日本国内で販売したりする計画だ。

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019041301001579.html

【水産庁「サンマが不漁?ふむ、では年中とってはどうだろうか」漁師「おお、漁獲量が増えたぞ!」】の続きを読む

20130720190948[1]
1: 風吹けば名無し 2018/07/19(木) 07:24:45.50 ID:1rP1yDbC0
業者「絶滅寸前でレアなのになんで売れないんや?」
アホやろ

【業者「うなぎは絶滅寸前やからめっちゃ高いぞ」消費者「高いから買うのやめるわ」】の続きを読む

sakuraya_e-1200x899[1]

1: 風吹けば名無し 2018/06/18(月) 19:26:19.80 ID:Rgc2MOlpa
高値が続くうなぎに代わる変わり種商品が多く発表されました。 イオンはきょう、
土用の丑の日に向けて高騰が続くうなぎに代わる代替商品を発表しました。
こちらは近畿大学が開発したうなぎの味に近いナマズを使ったかば焼き。
オリーブオイルを使うことでナマズ独特の臭みを消し、よりうなぎに近づけているということです。
このほか豚のばら肉を使ったかば焼きや鯖のかば焼きが売り場に並びました。
イオンによりますと今年もうなぎは不漁が続き、価格は去年に比べて1割ほど上がっているということで、
こうした代替商品で消費の拡大を狙います。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_157270

【イオン「うなぎの代わりにナマズ、豚、鯖のかば焼きを食べよう」】の続きを読む

このページのトップヘ