おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

鉄道

1: 名無しのおじさん 2020/11/23(月) 03:34:26.38 ID:SYeYN1h4M
no title


no title

【【超画像】JR 「ほな、駅舎を建て替えすんでー」 →結果】の続きを読む

%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AB%25E3%2582%258C[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/12(木) 00:46:35.36 ID:RC5Ni8knd
no title

【【画像】撮り鉄さん、軽いガイジだった…】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2020/11/11(水) 11:21:50.64 ID:h9UdLSoHM1111
「エスカレーターのマナー」問題に、鉄道会社がマジになってるワケ(野田 隆) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66521

エスカレーター「歩かず立ち止まろう」キャンペーン参加|東京都
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/10/20/02.html


no title

no title

【鉄道会社「エスカレーターでは立ち泊まれって言ってんだろカス共!!!」】の続きを読む

5457-2119500731[1]

1: 名無しのおじさん 2020/10/20(火) 10:54:10.08 ID:+a/R14R50
今年で誕生から75周年を迎えた「きかんしゃトーマス」の最新作が『映画 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!』として
2021年春に公開されることが決定し、本作に登場する、日本からやって来たキャラクター・ケンジの姿も公開された。

 最新作『おいでよ!未来の発明ショー!』に登場するケンジは、さまざまな発明品を集めた、“未来の発明ショー”の目玉としてソドー島にやって来る、
最先端の電気エンジンで動く超特急。世界一の速さを誇り、気さくで誰からも好かれるケンジは、トーマスたちと共に、空飛ぶエアカーの設計図をめぐる大事件に巻き込まれることになる。

https://www.cinematoday.jp/news/N0119316
no title

no title

no title

【【画像】きかんしゃトーマスに日本からやってきた新キャラ『ケンジ』が登場】の続きを読む

town20190410163958[1]

1: 名無しのおじさん 2020/09/15(火) 11:03:21.19 ID:EqgQAxnr0
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/644891/

熊本市交通局は14日、市電に「女性専用車両」の試験導入を始めた。
車内では通勤ラッシュ時に女性を狙った痴漢や盗撮などの被害が年間数件発生しており、
導入を求める声が寄せられていた。
市によると、正式採用されれば路面電車では全国初になるという。

女性専用車両は朝のラッシュ時を中心に、関東や関西など都市圏のJRや私鉄などで普及。
九州では西鉄天神大牟田線で導入されている。

市電の試験運行は、平日午前7時ごろ~午前9時ごろの上下計8本。
いずれも2両編成の低床車両で後方車両を女性専用にする。小学生以下の男児や障害者、介護者も乗車できる。
車両の窓ガラスにステッカーを貼るなどして周知する。

導入の背景には、車内混雑時の痴漢や盗撮被害が後を絶たないことにある。
市によると、女性を狙った迷惑行為は2019年度に7件、18年度に9件、17年度に3件報告されたという。
市は「泣き寝入りしている女性もいるはず。報告件数は氷山の一角」とみる。

現状では新型コロナウイルスの影響などでこれまでよりも利用客が少ないこともあり、初日は混乱なく終えた。
女性専用車両に乗車した高校2年の女子生徒(17)は「女性に優しい取り組みでいいと思う」と歓迎する。

一方、2両のうちの1両を使う運用に会社員の男性(27)は「差別されているようにも感じる」。
市は「あくまでも任意。男性への乗車拒否ではない」と説明するが、乗車ができる範囲を限定しており、
今後の課題となりそうだ。

試験運行期間は、12月28日までの約3カ月。期間中に実施する利用客へのアンケートを踏まえて本格導入するかを決める。


通勤ラッシュ時の女性専用車両(後方)の試験運行が始まった市電
https://www.nishinippon.co.jp/uploads/image/661649/middle_IP200914JAA000302000.jpg

【【朗報】熊本のチンチン電車に女性専用車両が導入!チンチン電車としては全国初】の続きを読む

このページのトップヘ