おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

避難勧告

no title

1: 名無しのおじさん 2019/10/19(土) 00:01:23.07 ID:K747LxfO0
台風19号の接近時、浜松市が外国人向けに誤って川に避難するよう呼びかける防災メールを送っていました。

浜松市は台風の接近時、川の水位が上昇したため避難勧告を発令したという情報を市の防災メールで発信しました。
その際、外国人向けにポルトガル語で「川の周辺に避難してください」と逆の意味に翻訳されたメールを、約700人に2度送ってしまいました。
自動翻訳に誤りがあり、外国語に精通した職員が不在だったことが原因で、市は今後体制を見直すということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000006-sut-l22

【浜松市、防災メールで「川に避難せよ」と送っていた】の続きを読む

20190606-00128989-roupeiro-003-view[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/08(土) 06:57:43.52 ID:X9GqlAAY0
西日本は7日、前線を伴った低気圧が通過した影響で所によって激しい雨が降り、広島、山口、島根の3県の一部に土砂災害警戒情報が出され、広島、山口、愛媛の3県の計7市町で避難勧告が発令された。
土砂災害警戒情報、避難勧告とも、国が昨年7月の西日本豪雨の教訓を受けて先月運用を始めた5段階の防災気象情報のうち、上から2番目の「警戒レベル4」に当たり、出されたのは初めて

広島県では広島市と海田、坂両町の一部と、熊野町の全域に住む全員に避難を勧告する「警戒レベル4(全員避難)」が出され、一時は9万8224世帯の22万4036人が対象となった。
最大20万1015人が対象になった広島市では小中学校など109カ所に避難所が開設されたが、避難したのは計228人(約0・1%)にとどまった。
中区の市立江波小に避難した村上治義さん(65)は「1人暮らしで不安だったが、5段階で知らせる情報は分かりやすかった」と話した。山口県は岩国市と周南市、愛媛県は宇和島市で避難勧告が出された

https://mainichi.jp/articles/20190607/k00/00m/040/236000c
no title

【【悲報】20万人に「レベル4」の避難勧告が出されたのに避難したのは228人】の続きを読む

このページのトップヘ