no title

1: 名無しのおじさん 2020/11/24(火) 16:58:41.90 ID:0kU8I5nh0
新型コロナウイルスによるパンデミック発生後、世界中の子どもたちが外に出かけて遊ぶことを制限され、代わりに自宅で過ごす時間が増えた。
しかしその結果、思わぬところで被害を被っている家族もあるようだ。

母親のスマホが自由に使えた理由

韓国・ソウルに住むキムさん(48歳)は銀行口座を見て愕然とした。およそ1億3000万ウォン、日本円にして約1200万円相当が無くなっていたのだ。

なんと11歳になるキムさんの娘が母親のスマートフォンを使い、ライブストリーミングサービス「ハクナライブ」で、ライブ配信者にサービス内通貨を送る、いわゆる投げ銭を行っていたことが判明。
娘は、35人の配信者に対して、8月3日から12日の10日間の内に、この大金の投げ銭をしていたという。

今月4日、キムさんは地元ラジオ局CBSのインタビューに応じ、母親は視力と脳に障害を持っていたため、自身のスマートフォンにはロックをかけていなかったことを明かした。
そのため、娘が自由にスマートフォンを使用できる環境となっていたのだ。

キムさんは配信者全員に払い戻しを求めたところ、幸いそのうちの何人かは返金に同意したが、最終的に約4600万ウォン(約400万円)は回収することができなかったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2af0ef070ee0e3eeeedfe94529334f807af139b8

【【朗報】11歳のクソガキ、母親のスマホで1200万円も投げ銭してしまう】の続きを読む