おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

1591339027340[1]

1: 名無しのおじさん 2020/10/25(日) 03:35:43.86 ID:zYUds2ZjM
 警察庁のまとめによると、大麻事犯の二〇一九年の検挙数は四千三百二十一人で、五年前から倍増。二十代以下の若者が全体の59%を占める。二〇年上半期は前年同期比9%増の二千二百六十一人で二十代以下は69%に達する。大学生は一五年の三十一人から、二〇年は上半期だけで百十六人に上り、広くまん延しているようだ。
 
背景に会員制交流サイト(SNS)の普及が挙げられる。元厚生労働省麻薬取締官の瀬戸晴海さんによると、大麻はSNSで「草」や「野菜」などの隠語で呼ばれ一グラム五千~七千円で取引されており、覚醒剤の十分の一程度の価格で手に入るという。
 海外の一部には合法化した国や州もあり、「害がない」「依存性が低い」などの誤った情報が若者世代にとどまらず伝わっている。瀬戸さんによると、大麻に手を染めた若者の三割は覚醒剤など深刻な薬物の乱用に結び付く。ゲートウエー(入り口)ドラッグと呼ばれるゆえんだ。

ソース 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/141657

【若者大麻汚染 SNSでは"草"の隠語で気軽に取引 「酒より害がない」などの誤った情報も】の続きを読む

D-c-xp_VUAAk_kA[1]

1: 名無しのおじさん 2019/11/01(金) 02:48:51.74 ID:v9AAKxlnS
笑い→藁→w→草

ここまではよかったのに急に進化が止まった

【【悲報】笑いの表現、「草」から進化しなくなってしまう…】の続きを読む

1f035de3[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/18(木) 12:13:47.87 ID:7vrVZG/N0
おまえらええんか・・・

【麻薬捜査官「インターネット上で(笑)を意味する草が使われるようになって捜査がやりづらくなった」】の続きを読む

このページのトップヘ