おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

脱税

873a43bf[1]

1: 名無しのおじさん 2020/05/08(金) 14:08:50.54 ID:zEBhTmmQp
■国税庁公式ホームページ

□ 事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種

順位 業種目 直近の年分に係る申告漏れ割合
1位 キャバクラ 93.7%
2位 風俗業 89.7%
3位 不動産代理仲介 30.6%
4位 システムエンジニア 53.2%
5位 機械器具、部品修理 56.4%
6位 焼肉 60.9%
7位 冷暖房設備工事 54.4%
8位 人材派遣 65.8%
9位 バー 71.7%
10位 ダンプ運送 64.5%

(注)
1 上記調査事績は、特別調査及び一般調査に基づく実施結果である。
2 「直近の年分に係る申告漏れ割合」は、
(申告漏れ所得)
(調査前所得)+(申告漏れ所得)で算出している。
3 「前年の順位」は、事業所得を有する個人の前年の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位20位に該当するものについて、その順位を記載している。
4 平成28事務年度まで、1位の「キャバクラ」は「キャバレー」、4位の「システムエンジニア」は「その他の技術サービス」などとして業種管理していたが、それぞれ業態に合わせて管理を細分化したことに伴い初出したもの。

https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/shotoku_shohi/sanko02_01.htm

【国税庁「脱税してる業種発表するわ」→意外な結果に】の続きを読む

ごちうさチノちゃん[1]

1: 名無しのおじさん 2020/04/14(火) 17:20:52.32 ID:alW2zWrv0
チノちゃん「今のお客は来なかったことにしましょう」

【チノちゃん「レシート出しますね」 客「いらないです」 チノちゃん「(ニッコリ」】の続きを読む

food_zei_mayou-640x556[1]

1: 名無しのおじさん 2019/10/04(金) 11:08:59.41 ID:36hE0S+J
●高齢者や子どもの「悪意ない無申告」が目立つ

実際の店舗ではどうなっているのでしょうか。イートインコーナーがある、関西地方のコンビニのオーナーは「店内で飲食する人のうち、申請しない人が8、9割に上ります」と明かします。
この店では、高齢者や子どもなど「悪意のない利用」が目立つそうです。オーナーは「増税後、イートインを利用する人が目に見えて減りました。ややこしいと感じているのかもしれませんね」と話します。

一方、利用者からは、店側のずさんさを指摘する声も出ています。東京都内の会社員の男性は「店内で食べると申し出たのに、8%のまま会計処理された」と不信感をあらわにします。
このほか、税理士ドットコムに寄せられた声でも、店員がレジを打っている途中で「イートインを使いたい」と伝えたにも関わらず、「いいわよ、そのままで」と8%が適用されたケースもあります。

●国「倫理上はともかく、制度上の問題はない」

この混乱を国はどう見ているのでしょうか。国税庁は「倫理上どうなのかという観点は別になりますが」と前置きした上で、
「軽減税率が適用されるかどうかの判定は、事業者が客に飲食料品を譲渡した時点で行われます。コンビニではレジで飲食料品を販売した時点で、判定されるため、(その後に客が店内で飲食していたとしても)制度上の問題はありません」と説明します。
また、「自己申告をしたのに、8%で処理された」というケースは、事業者が最終的に適正な納税をしていれば脱税には当たりません」という見解を示しています。

制度上の問題はないとしても、倫理上おかしいと感じることが少なくないコンビニの軽減税率問題。今後、コンビニ各社がどう対策に乗り出すかが注目されます。
https://www.zeiri4.com/c_1076/n_846/

【【朗報】国税庁「8%で会計して、店内で飲食していたとしても制度上の問題はない」】の続きを読む

x1080

1: 名無しのおじさん 2019/08/10(土) 17:52:37.87 ID:r9gpiI/80
これが現実

【今の10代「板東英二?マジカル頭脳パワーの人でしょ?」】の続きを読む

zei_kakuteishinkoku[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/14(木) 03:01:23.37 ID:aPKkKHMn0
質問?疑問あるんですけどいいですか?

【個人事業主きて】の続きを読む

このページのトップヘ