おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

科学

bowling_uwate_nageru[1]

1: 名無しのおじさん 2019/07/04(木) 17:37:39.13 ID:SjXKAgfad

【【朗報】ボウリングで必ずストライクが取れる方法が発明されてしまうwww人類の敗北】の続きを読む

4c85c234076325c638e2c305400f29d6-1[1]

1: 名無しのおじさん 2019/07/03(水) 09:11:29.61 ID:Ht6xtcXH0
地球とよく似た太陽系外惑星を探す天文学の国際プロジェクト「CARMENES(カルメネス)」の研究チームは、太陽系からおよそ12.5光年の距離に2つの惑星を発見しました。
研究チームによると、2つの惑星のうち1つは地球によく似た気温で、液体の水が存在する可能性があるとのことです。

今回発見された2つの惑星「ティーガーデンb」「ティーガーデンc」は、おひつじ座に存在する15.4等級のティーガーデン星と呼ばれる恒星をそれぞれ約4.9日と約11.4日で公転する惑星です。
ティーガーデン星は2003年に発見された星で、太陽からおよそ12.5光年の距離にあり、年齢は少なくとも80億歳。その質量は太陽のおよそ8~9%しかないとのこと。

2つの惑星のうち内側を公転して恒星により近いティーガーデンbは気温が0~50℃の範囲で、28℃前後という温暖な地表環境にある可能性があるとのこと。
一方で、外側を公転するティーガーデンcは表面温度がおよそ-47℃と、火星のような環境かもしれないそうです。

https://gigazine.net/news/20190620-carmenes-dwarf-teagarden/

【【宇宙ヤバイ】史上最も「地球に似た環境の惑星」が12.5光年かなたで発見される】の続きを読む

C9E8DfuV0AAhwvu[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/24(月) 05:57:24.24 ID:bU5uE8QE0
コンセントにつながなくても部屋の中にいるだけで、スマートフォンなどが充電できる技術の開発に東京大学の研究グループが取り組んでいて、今後、企業と協力して実用化を急ぐことにしています。

東京大学の川原圭博教授らのグループは電化製品などの配線をなくす、いわゆる「ワイヤレス充電」の技術開発に取り組んでいます。

今月、大学で行った実験では、3メートル四方の部屋をつくり、磁力を発生する板を壁と床にうめこんで、部屋全体に磁場を発生させました。
そして、スマートフォンの背面に磁力を電気に変えるコイルを搭載した小さな装置を取り付けるとコンセントなしでバッテリーへ充電が始まりました。

また、部屋の照明もコンセントをつながずに点灯しました。

「ワイヤレス充電」は、これまでも充電用の装置に近づくと充電する技術はありましたが、部屋のどこにいても充電ができる技術は、まだ実用化されていないということです。

研究グループによりますと、磁力による人体への影響がでないよう、国際ガイドラインに従って開発をしているということで、
今後は、充電の効率を上げるとともに、コストを下げることが課題だとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190624/k10011965891000.html

【部屋にいるだけでスマホ充電 「ワイヤレス充電」実用化へ】の続きを読む

ph_thumb[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/21(金) 03:26:18.12 ID:wwaMSmIP0
寝れへんくなったんやけど

【宇宙ってビッグバンで出来たならビッグバン前は何があったの?】の続きを読む

20161223021336[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/20(木) 06:36:07.90 ID:aZPt/aN3M
no title

【【悲報】算数オリンピックの問題、わけがわからない】の続きを読む

このページのトップヘ