おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

登山

CYX5Hf5VAAA5YNw.jpg small

1: 名無しのおじさん 2019/05/22(水) 05:59:44.43 ID:0cOYnRzX0
山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。

 発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけていないなど軽装で、登山届も提出していなかったという。残雪に覆われた8合目付近で動けなくなり、午後0時40分頃、救助を求めた。

 曇天でヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。途中で男性と連絡が取れなくなり、捜索は午後9時半頃まで続けられた。その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは午後10時頃だった。

 富士山の山開きは7月1日。県警は「この時期の富士山は残雪があり、非常に危険。下山中の滑落や、救助隊員が二次被害に遭うおそれもあった」と指摘している。
https://yahoo.jp/kmAVig

【【悲報】20代男性、富士山から「動けない」救急要請するも勝手に下山し帰宅】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/05/05(日) 19:04:37.15 ID:W6StzNyb0● BE:601381941-PLT(13121)
ドールも登山「ヤベェ」山岳誌、インドア派にもアピール

ちょっと変わった山岳雑誌が誕生した。季刊誌「ヤクのあしあと」。主にアニメやゲームなどインドア趣味に
熱中する、山登りとは縁遠い人たち向けだ。発行した姫野栄志さん(33)=長野県松本市安曇=は
「独特な世界観で、登山の魅力を伝えたい」と意気込む。

姫野さんは4年前、趣味の風景写真の撮影で上高地を訪ね、穂高連峰の姿に圧倒された。
以来、登山にのめり込み、脱サラ。昨夏には穂高岳のふもと近くに移住した。「体育会系の人たちは
放っておいても山に来る。寄りつきそうもない人たちも、山に来てほしい」と雑誌づくりを思い立ち、
企画、編集、発行などすべてを一人でこなした。

普通の山岳雑誌に載る、ルート案内や紀行、登山技術のハウツーなどはない。「創刊号はインパクトの
強いものを」と、特集は「『山ドール』の世界」。

欧州アルプスの名峰グランドジョラスの大自然を背景に、ピッケルを肩にした背丈50センチほどの
バーチャルアイドル「鏡音リン」がポーズをとる写真や、厳冬の北アルプス・槍ケ岳山頂にたたずむ
テレビアニメのキャラクター「高町ヴィヴィオ」の写真などが、ふんだんに載る。

ドールを運び、撮影したのは写真家Sige(シゲ)さん。服装や小道具へのこだわりはすごい。
着せる登山用ウェアやミニサイズのピッケルは高価な特注品だ。撮影中に山で出会ったワンゲル女学生らには
「ヤベェのがいる」とささやかれた。ドールを「うちの子」と呼ぶSigeさんは同誌のインタビューで
「あなたにとってドールはどんな存在か」と問われ、「それは『あなたにとって山はどんな存在か』と同じ質問」と返す。

姫野さんは「登山もドールも、知れば知るほど奥深い世界。彼らのまじめな活動を、一度、色眼鏡を外してみてほしい」という。

no title

no title

no title

no title


https://www.asahi.com/articles/ASM494Q7GM49UTIL02L.html

【【画像】 ドールと一緒に登山!? インドア向けの登山誌が誕生】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/04/08(月) 00:59:21.92 ID:61fdu5Xz0
no title

【【悲報】『世界で最も危険の山』の写真がもう殺意に満ち溢れててヤバすぎるwww】の続きを読む

B5xElGUCAAAPt2A[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/09(土) 10:18:12.27 ID:hBrC1UnsM

【【朗報】登山隊について来た野良イッヌ、一緒にヒマラヤ山脈を踏破してしまう】の続きを読む

mig

1: 名無しのおじさん 2019/02/19(火) 10:34:48.15 ID:R0kX6UX30
no title

【彡(^)(^)「あっ、冬の富士山で足滑らせてしもたw」ツルンッ♪ 】の続きを読む

このページのトップヘ