おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

生活

282950[1]

1: 名無しのおじさん 2021/02/18(木) 13:01:56.50 ID:NUvwYuhX0
シャワー派ですか?入浴派ですか?

入浴派:55%
シャワー派:45%


【シャワー派の意見】

・一人暮らしで浴槽に貯めて入ると勿体無いので季節を選ばずシャワー派です(30代/男性/無職)

・短時間で済ませたいのと、いちいち湯船を洗ったりお湯を入れたりするのが面倒なので。(30代/男性/無職)

・たったひとりが入浴するのにお湯をためるのがもったいない。水道代、ガス代節約です。(30代/男性/契約派遣社員)

・単身世帯なので、バスタブに湯を貯めても、1人だけで入浴するのは勿体無いからです。湯に浸かりたい時は、銭湯かスーパー銭湯を利用します。(60代/男性/会社役員)

no title

【【悲報】日本の45%、お風呂に浸かっていなかった】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2021/02/26(金) 01:33:02.20 ID:zc0WvNX60
no title

【【画像】北海道と沖縄の夜中の気温がこちらwww】の続きを読む

shopping_rejibukuro_yuryou[1]

1: 名無しのおじさん 2021/02/22(月) 22:15:17.42 ID:ycgfF57gd
去年7月からレジ袋が有料化され、マイバッグが
浸透する中、ある意外な現象が起きています。
ある製造元では、取っ手つきのポリ袋の売り上げが
前年比のおよそ3倍にも伸びているといいます。
一体、なぜなのでしょうか?

『日本サニパック』井上充治社長「前年比で約2~3倍
ということで、非常に需要が増えていると感じております」

ポリ袋は、生活必需品としてゴミ袋の代用や冷蔵庫に
食品を入れる際など二次利用されているケースが多く、
いまも需要は高いままだといいます。

実際に、東京・新宿区のドラッグストアでは──
お客さん「レジ袋が有料化になって、
ゴミを出すときに袋がなくなっちゃったので。
ほとんどゴミ袋と、子供の洗濯を入れるのに使うくらいで」

有料化が始まって以降、ポリ袋の
売り上げが2倍に増えているといいます。

『ツルハドラッグ』スーパーバイザー 屋敷健吾さん
「(スーパーなどで)都度レジ袋を買うのではなく、
まとめて買った方がお買い得という観点から、
お買い求めになるお客様が非常に多いと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/20e6688bc948b3fc7268b3130da39a3a3a828922

【【悲報】小泉進次郎「レジ袋有料化するわ」→ポリ袋の売上が3倍に】の続きを読む

85316eab1e2638d0baf235c87d37b1ec_600[1]

1: 名無しのおじさん 2021/02/22(月) 04:15:56.37 ID:XqDHK6W10
誰かコツ教えてくれや

【【悲報】ワイ、夢精をしたことがない…】の続きを読む

686fe04be10807993e6a9b19633801aa[1]

1: 名無しのおじさん 2021/02/22(月) 17:25:41.95 ID:4NdxiU6u0
生命倫理研究所によると、ベルギーとオランダでは2002年に安楽死と自殺補助事件が合法化されて以来、急速に増加している。

ウィーンに本拠を置く医療人類学生命倫理研究所(IMABE)は2月12日,ベルギーで症例が2002年のわずか24件から2019年には2656件に増加したと発表した。 同期間、オランダでは1882件から6361件に急増した。

1988年に設立されたオーストリアカトリック司教会議と関連のあるIMABEは、先月ゲント大学の倫理学者カスパルラウスがベルギーの安楽死を目的としたセーフガード措置が実際に機能していないと結論づけた研究を引用している。

ドイツ語版ニュース パートナーである CNA Deutsch は、ラウス氏とその共同執筆者が、この障害の 3 つの理由を提示したと述べています。

まず、2002年安楽死法の適用範囲が拡大した。 法律によると,自殺ほう助は重病や不治の病,耐えられない病の場合にのみ認められる。
しかし実際には、「人生に疲れている」ことも一つの理由として認められている。

医師はいわゆる「多病学」を診断することで法を無視することもできるという。 老年期に生じる視覚障害、聴覚障害、慢性痛、リウマチ、衰弱、疲労など、さまざまな症状を指す。

同研究によると、2019年には「多病学は17.4%を占めた。報告されている安楽死のすべての症例のうち、驚くべき47パーセントが報告されている非終末的安楽死のケースです」

第二に、1人か2人の独立した医師との強制的な協議は、実質的な安全性を提供しないことを示唆した。 医師の能力は限られているし, 何よりも医師の評価は拘束力がない.

最終的には、「安楽死を行う最終権限は、相談を受けた医師の(否定的な)助言に反しても行うことができる主治医にある」ということになる。


複数の委員が透明性と一貫性の欠如に抗議して遺体を去ったと伝えられている. ある報告書によると,オランダ語を話すベルギー北部のフランドルでは,
安楽死が公式に報告されているのは3件に1件だけだ。

オランダでも高齢者の安楽死が増加しているという。

https://www.catholicnewsagency.com/news/belgium-and-the-netherlands-see-rapid-rise-in-euthanasia-and-assisted-suicide-cases-68714

【【悲報】安楽死を導入した国、バタバタと人が自殺しまくる。これでも導入に賛成ですか?】の続きを読む

このページのトップヘ