おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

焼肉屋

1: 名無しのおじさん 2019/04/22(月) 22:23:22.80 ID:5IziLWdC0 BE:292723191-PLT(19081)
たむらけんじが4月22日、自身のインスタグラムを更新し、経営する『炭火焼肉たむら 大分店』を無期限休業することを報告した。

地元に住むSさんは、家族4人でたむらの焼肉店に訪れたというが…。
「有名人の店ということで、話のネタになるかと食べに行ったのですが、最悪でしたね。
店はどことなく薄汚れていて照明も暗く、入った瞬間に“あれ”っと不安になりました。
また、店員の対応もイマイチで、オーダーした食べ物がなかなか来ませんでした。
確かに肉自体はおいしいのですが、その分、値段も高いのでコスパは決して良くはないですね。
休業のニュースを聞いて妙に納得してしまいました」と、散々だったようだ。

もともと、たむらが焼肉店を始めたのは、義母が経営していた店を譲り受けたことがきっかけだ。
焼肉店の営業ノウハウをしっかりと受け継いだ後は、芸人であることを生かした広告戦略が功を奏し、業績は急拡大。
2008年7月には食中毒を起こし、謝罪会見を開くなど危機を迎えたこともあるが、その後は経営も順調とみられていた。

「結局、鉄板焼き店だ、仮想通貨だと、幅広く金もうけに走った結果、現場に目が行き届かなくなった結果でしょうね。
当初はアルバイトの面接も自ら行っていたようですが、今ではそれも人任せ。
業績が急拡大した後に陥る典型的な失敗パターンと言ってもいいでしょう。
また、たむらの成功を支えた“あげまん妻”と2013年に離婚したことも、業績が傾き出した理由といわれています」(芸能記者)

最盛期には年収6~7億円ともいわれていたたむらだが、果たして今度も順調にやっていけるのか。
このままでは実業家、芸人どっちつかずで終わってしまう可能性も少なくない。
https://wjn.jp/article/detail/1750642/
no title

【たむらけんじ経営の焼き肉店「無期限休業」で囁かれる“どっちつかず”の末路】の続きを読む

solo1147_top01[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/02(火) 01:08:34.698 ID:yt75+yw+p
周りの目が気になって行けない
どうしても1人で行ってみたいんだけど、アドバイスくれや

【1人で焼肉食べたことあるやついる?】の続きを読む


1: 名無しのおじさん 2018/10/30(火) 11:18:41.61 ID:d13UDV+Ua
今は生レバーとしては売れないけど昔は生レバーとして売っていたレバー
めちゃめちゃ新鮮だけど現在は生では食べれないレバー



【【朗報】かつては生レバーとして販売されていたほど新鮮な牛レバーがAmazonで買える 】の続きを読む

このページのトップヘ