img01[1]

1: 名無しのおじさん 2018/10/29(月) 15:37:11.55 ID:dSHUcs240NIKU
実際、鳥貴族を模倣したと思われる鶏居酒屋は次々と現れた。
鳥貴族の快進撃を見てのことだろう。代表例はワタミの「三代目鳥メロ」、コロワイドの「やきとりセンター」、
DINAMIXの「鳥二郎」、エー・ピーカンパニーの「やきとりスタンダード」だ。
ワタミは不振が続く総合居酒屋「和民」を転換する形で、三代目鳥メロを急速に増やしている。
こうした鶏居酒屋との競争が激化し、鳥貴族が客を奪われたと考えられる。

飲食業界ではこうした「模倣」がたびたび起きている。例えば、エー・ピーカンパニーの「塚田農場」だ。
本格的な地鶏料理を提供する居酒屋として07年より出店を開始し、全国に地鶏ブームを巻き起こして
人気チェーンに成長した。しかし、12年から居酒屋大手のモンテローザが地鶏料理を提供する居酒屋「山内農場」
を始めるなど、同様の地鶏居酒屋が増えて競争が激化し、塚田農場で客離れが起きるようになった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00026537-president-bus_all&p=2

【焼き鳥チェーン「鳥貴族」の客離れが止まらない。原因は「パクられた」】の続きを読む