おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

流行

1: 名無しのおじさん 2020/07/25(土) 18:36:31.10 ID:YspfZMhL0
 【フランクフルト時事】ドイツでおにぎりの人気が徐々に広がっている。

 見た目は日本のコンビニエンスストアに並ぶプラスチック包装された商品とほぼ同じ。大手スーパーも販売を始め、手軽な食事として浸透しつつある。

 フランクフルトなど独国内3カ所でおにぎり店を営むベンヤミン・アルバグダディさん(38)の主要顧客は若者やベジタリアン(菜食主義者)だ。
1個2.5ユーロ(約300円)で、さけやツナマヨといった「定番」の具だけでなく、アボカド、ピーナツなどもそろえる。

no title


【【朗報】ドイツで「おにぎり」が大ブーム】の続きを読む

56dc5c80-2918-48fa-9e0c-2351ac1f0cb1[1]

1: 名無しのおじさん 2020/07/25(土) 05:29:54.68 ID:KawE5pgh0
噛むと顎が疲れるとのこと

【【悲報】ガムを若者が噛まなくなった】の続きを読む

hqdefault[1]

1: 名無しのおじさん 2020/07/24(金) 07:18:01.81 ID:M5HqK53n0
もうジャンルとして完成しきってるんや
これ以上新しい要素つけると、それは格ゲーではなくなるんや
だから構造として廃れたんや

STGも同じ理由やFPSをSTGと言う奴はおらんやろ?

【格ゲーが廃れた理由って新規性がないからだろ】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2020/06/16(火) 20:55:29.12 ID:TYWQwbd/a
やっぱりラーメンだね

【【悲報】つけ麺ブーム、終了 もはや誰も食べていない】の続きを読む

kotima00[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/02(火) 04:50:27.95 ID:lBfHfnXK0
 外出自粛要請が出ている中での「賭け麻雀」報道を受け「訓告」処分が命じられた黒川弘務前東京高検検事長。
その処分の甘さには野党からだけでなく、ネット上でも適正な処分を求める声が多くあがり、様々な影響をもたらしている。

「年々雀荘の件数は減少していて、人気は下火と思われている麻雀ですが、楽しんでいるのは黒川氏だけではありません。
現在巷では第三次麻雀ブームが本格的にくると言われるほど、麻雀の面白さが見直され、関連するアプリやゲーム人口は増加しています」(麻雀ライター)

 第三次麻雀ブームを先導しているのは昨年4月に世界同時リリースされた「雀魂(じゃんたま)」というオンライン麻雀対戦ゲームだ。
これまでもオンライン麻雀はアプリやWEBサイトなどで既存のユーザーに親しまれてきたが、
「雀魂」は今まで麻雀をしたことのない麻雀初心者層の開拓に成功し人気を博している。

「雀魂はチュートリアルがかなり親切で、“ルールを覚えるのはおっくうだけど麻雀が気になる”という新規ユーザーを続々獲得しています。
登場する萌えキャラたちが麻雀中もフルボイスで麻雀を盛り上げてくれ、プレイ中のど派手な演出などゲーム的要素も新規ユーザーの獲得につながっています。
ステータスや牌歴も見やすい仕様なので麻雀力を高めたい既存ユーザーの練習にももってこいです」(前出・麻雀ライター)

【第三次麻雀ブーム到来か?なぜか急に流行り出す】の続きを読む

このページのトップヘ