おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

悲しい

no title

1: 名無しのおじさん 2020/04/22(水) 15:19:54.13 ID:+aDmCui50
【県境越えた病院建設 広域行政 過疎地"安心の拠点"】

「とても不安でした。病院に間に合わないんじゃないかと…」。
岐阜県白川村の主婦山本美加枝さん(37)が振り返る。
十五年前、真冬二月の深夜に産気づき、夫の車で同県高山市内の病院まで約二時間かけて走った。
「道がしみてて(凍っていて)滑って危なかった」。山本さんは病院に着いてすぐに分べん室に入り、無事女児を出産した。
「あのとき東海北陸自動車道があれば、病院も近くなり、道も安心で、あんなに焦らないで済んだのに…」。
“秘境”と呼ばれ、不便を強いられてきたのに村がいま、大きく変わろうとしている。


【田舎民「やったあ、もうすぐ近所に高速道路ができるぞ!!」】の続きを読む

o0400029511139340027[1]

1: 名無しのおじさん 2019/01/17(木) 11:49:28.50 ID:JZkTh32Aa
no title

【戦闘用ロボ「ナゼ 人間ガ 泣クノカ 今ワカッタ・・・」】の続きを読む

isoegid[1]

1: 名無しのおじさん 2019/01/16(水) 22:36:49.30 ID:O7uTxgCC0
アムロが母親から拒絶されるシーン

【ガンダムシリーズで一番悲しいシーンといえば】の続きを読む

b1443e7d4a82674ac2cbe2426f523031[1]

1: 名無しのおじさん 2019/01/07(月) 02:37:15.95 ID:YSpK3EZ/0
小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの
開店セールのチラシが入っていた。
そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら
弟を一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は
閑散とした客誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら焼きそばを
小さなホットプレートで焼きつづける電気店主夫婦・・・
子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く
勇気が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。
それから月日は経ち電気屋は無くなった。

【「おっ焼きそば無料配布やっとるやんけ!食ったろ」 】の続きを読む

このページのトップヘ