おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

性別

1: 名無しのおじさん 2020/02/20(木) 07:19:48.13 ID:SJPejz1R0
no title

【飼育員「このハイエナの夫婦なかなか交尾せんなぁ、なんでやろか…ん?」】の続きを読む

okama[1]

1: 名無しのおじさん 2020/02/15(土) 05:21:32.43 ID:5CAAoZu10
心と体の性が一致しないトランスジェンダーの選手が、女子を対象にしたスポーツ競技に出場するのは不公平だとして、アメリカの高校の女子選手たちが出場の禁止を求める訴訟を連邦裁判所に起こし、裁判の行方が注目されています。

訴えは、12日、アメリカ東部コネチカット州の高校に通う、陸上の女子選手3人が連邦裁判所に起こしました。

3人は、男性の身体的特徴を持ったトランスジェンダーの選手が女子の競技に参加した結果、大会で上位に入り、奨学金を得ることができなかったとして、女性が教育とスポーツの機会を受ける権利を定めた連邦法に違反しているとしています。

一方、大会を主催する州の学校協会は、すべての生徒が、本人が認識する性別で扱われるべきだという州法に基づいた判断で、対応は適切だとしています。

訴えを起こした選手の1人は「性の同一性についての考え方と生物学的な公平さは別問題だ。すべての女性は公平な競技環境を与えられるべきだ」と話しています。

これに対してトランスジェンダーの選手の1人は「私は女性として、周りと同じように競技に出場しているだけだ。勝利によって批判され、努力が認められないのは不公平で心が痛む」と話しています。

トランスジェンダーの選手をめぐっては、陸上の国際競技団体、世界陸連が、男性ホルモンの値が先天的に高い女子選手の、国際大会への出場を制限する規定を設けるなど、世界的にも議論を呼んでいます。


2020年2月14日 15時38分
国際
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012285601000.html

【【朗報】トランスジェンダーの選手の出場は不公平 アメリカで女子高生が提訴ww】の続きを読む

DBt08qvVwAE7d2N[1]

1: 名無しのおじさん 2019/12/09(月) 06:44:33.75 ID:QhKL1tznM
フェースブックで出産報告をしている友人、子供の性別を書いていなかったのでコメント欄で男の子か女の子かを聞く人が何人かいて、それに対して「ごめん、性別はこの子が決めることだから今はわからない^^」と答えてて衝撃を受けた。新しい時代に取り残されそう。
午後2:45 · 2019年11月27日·Twitter for iPhone
3.5万件のリツイート
14.5万件のいいね

https://twitter.com/ykcn80/status/1199564982154715137

【女性「出産した!」友達「男?女?」女性「性別はこの子が決めるものだから今は分からない^^」】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2019/10/17(木) 02:50:14.54 ID:JueukYV50
そんなに男のケツ見るの嫌なんか?

【【悲報】男なのに女主人公を選ぶヤツ...😭 】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/06/17(月) 03:18:29.83 ID:EAjTXy+m0
【え?】性転換し女子陸上大会で圧勝した元・男性選手「私の方が不利だった。体に問題を抱えてるし、か弱い女子なのよ!」

no title


米テキサス州で先月25日に行われた全米大学選手権「NCAA 2019」。
男性陸上選手として活躍していたシーシー・テルファー選手が性転換後、女子向け競技に出場。

大差をつけて圧勝したため「アンフェア」だという批判が寄せられていました。
これに対して、テルファー選手は「自分の方が不利で弱い立場だった」と反論しています。

・どちらかといえば、女性として生まれたライバルと競い合わなければならない自分のほうが不利なの。なぜなら自分の体は医療による影響を多く受けてきたから

・生化学的変化があったし、ホルモン補充療法も受けてきた。すると筋力は低下し、テストステロンも減るから、力や速さもなくなるの。力を維持するため今までの2倍努力しなければならなかったわ

・女性として生まれたライバルの方が、平均的なトランスジェンダーの女性よりも多くテストステロンを生み出している。だから(大会では)他でもない私が最も弱い女性だったの。トップアスリートに挑む最弱でクレイジーな選手だったわ

※リンク先に動画があります
https://twitter.com/OTLonESPN/status/1139224819009052674

テルファー選手は元々、記録も出ず冴えない男性陸上選手でした。
しかし性別適合手術を受け、女性アスリートとして大会に参加。

先月の全米大学選手権「NCAA2019」では400mハードル走(女子部門)で優勝を果たしたのです。
2位に1秒以上もの大差をつけて勝利を収めた彼女には「不公平」とする批判が相次いでいましたが、コーチは「テルファー選手ほど精神的に強靭な選手は見たことがない」と讃えていました。

no title


ユルクヤル、外国人から見た世界 2019年06月16日
http://yurukuyaru.com/archives/80156249.html

【【陸上】性転換し女子大会で圧勝した元男性「私の方が不利だった。」】の続きを読む

このページのトップヘ