おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

1: 名無しのおじさん 2021/01/17(日) 10:45:32.53 ID:0h0LHXpfa
no title


出来るやつは骨盤がおかしいとか

【【速報】男はこの座り方ができないらしい!!!!!】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2020/11/30(月) 08:21:12.04 ID:Rf1/zASS0
毎日新聞2020年11月27日 14時29分(最終更新 11月27日 14時29分)

 防災ボランティア活動などに取り組む和歌山県立熊野高校(上富田町朝来)のKumanoサポーターズリーダー部が、自動体外式除細動器(AED)の使用時に女性の上半身を覆うシートを作製し、町内のAED設置場所に配布している。部員たちは「AEDの使用が進み、一人でも多くの命を救いたい」と願っている。

 女性は体の露出を嫌うため、男性に比べてAEDの使用率が低いことを知った3年生の女子生徒11人が、患者のプライバシーを保護するシートを企画。2019年9月に製作を始めた。消防署の助言を受けながらシートの素材や大きさ、重さなどの改良を重ね、試作を5回繰り返して、20年6月に完成させた。

 シートは縦約50センチ、横約80センチで、生地は降雨時でも使えるように水をはじくナイロン製にした。心臓マッサージで手を置く位置やAEDのパッドを皮膚に貼る位置を示すワッペンを縫い付けた。風でめくれないように両サイドには重し代わりに廃雑誌の背表紙も縫い込んだ。

 6月からは町内の全AED設置場所71カ所に配布するため、作業を開始。型紙を使った生地の裁断、ミシンや手作業での縫製、ワッペンの接着、収納袋の作製などの多岐にわたる工程を11人が分担した。「工程が多くて大変で、いつになれば全部できるのか不安だった」とキャプテンの中田紗奈さん(18)は振り返る。遅れた工程は手が空いた人がカバーし、10月中旬までに71枚を作り上げた。

 シートの開発は19年度「ぼうさい甲子園」で優秀賞を受けた。20年度も全国高校家庭クラブ研究発表大会の産業教育振興中央会賞(2位)など四つの賞を受賞している。

 町外からも問い合わせがあるといい、中田さんは「全国に広がって多くの人に使ってほしい。これがあれば男性もためらわず女性患者への処置ができると思う」と話している。【竹内之浩】

https://mainichi.jp/articles/20201127/k00/00m/040/181000c
no title

【【朗報】女子高生「女性の体を隠すAED用のシートを作りました!」緊急事はまずコレで隠して!】の続きを読む

20190820103811[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/29(日) 14:12:26.02 ID:5oIX1O36dNIKU
台湾で暮らすある女性は今年9月、仕事中に同僚がいきなり意識を失ったといい、焦った女性は病院に連れて行くことに。しかし、数分後には同僚の呼吸が停止し心停止状態に。

AED(自動体外式除細動器)が近くになかったため、救急救命の資格を持つ女性は約15分にわたり心臓マッサージなどを行い、同僚の命を救った。

ところが同僚は、女性に命を助けてもらったことに感謝するどころか、怒りを爆発させた。
女性に対し、蘇生時にできたという腕と胸元のアザの写真を添付したメッセージを送信。

「あなたが力を入れすぎたせいで、心臓がダメージを受けたわ」「私は糖尿病だから、このケガが原因で切断手術を受けるはめになるかもしれない」と書き、さらに「蘇生中のケガであることを医師に証明させてもいい」などと、法的措置の検討をも匂わせた。

これに女性も激怒し、同僚と送り合ったメッセージをSNSで公開。
「救ってあげたい一心で、へとへとになるまで頑張ったのに」「そのせいで訴えられるのだとしたら、この国で暮らす人は救急療法なんて身に着けようと思わないほうがいい」「助けてあげても感謝しない人もいるのだから」と悔しい気持ちをぶちまけた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162458339/

【【やっぱり】意識を失って心停止になった女、心肺蘇生させてくれた同僚を法的措置へ】の続きを読む

e09030bbc9d8a131894dd513b05e0d50_400[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/12(木) 13:57:14.47 ID:VSeUO0Pg0
アソコにパワーストーンを入れる“子宮女子"が増殖中!危険じゃないの?
https://www.excite.co.jp/news/article/Joshispa_20150910_00344079/

静かに広がっている「ジェムリンガ」

さらに子宮女子の最終兵器があります。「ジェムリンガ」です。

ジェムリンガとは、パワーストーンを5個ほどつなぎ合わせたもの。全長8~12センチで、価格は2万~3万円弱。
これを膣に入れておくのです。


no title

no title

no title


小林麻耶もハマった? 「子宮系女子」のトンデモな実態
https://dot.asahi.com/dot/2018122700155.html

小林麻耶の“子宮系”宇宙ヨガ夫に海老蔵は…「麻央さんの闘病中、うさんくさい民間療法に後悔も」
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201809_post_18132/

【【朗報】膣にパワーストーンを入れる「子宮女子」が流行に🤪】の続きを読む

t02200239_0382041512620069082[1]
【【悲報】女「あたしがパスタ大好きだと言ったらパスタの店予約するの? 男って頭おかしいの…?」】の続きを読む

このページのトップヘ