おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

大麻

img_1487[1]

1: 名無しのおじさん 2021/01/13(水) 14:53:57.42 ID:kz0R+0ie0
若者による大麻の乱用が深刻化する中、厚生労働省は取締りの強化について検討するため、近く有識者会議を立ち上げることを決めました。
現在の法律では大麻を使用すること自体を禁じていないことから、新たに罰則を設けるかどうかなども含めて議論する方針です。


【【悲報】大麻、使用でも罰則化へ】の続きを読む

4c265159-s[1]

1: 名無しのおじさん 2020/10/28(水) 22:48:51.29 ID:IhjKriPh0
チノ「あ、あぁ~ッ!」 フワフワ~ッ!

チノ「はい、今日のトリップは終わり。お疲れさまでした」

ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数週間前、チノちゃんは近所の工業高校に入学したのだが、中々クラスメイト達と馴染むことができず、結果、定期的にマリファナを引きに行って仕事中にトリップし、現実逃避するようになった。しかしチノちゃんはなんだか
仕事のことがどうでもいいみたいで、いつもいつも就業時間中にマリファナスパスパして、脳みそワルイワルイなのだった。


※マリファナ……大麻の一種
※トリップ……薬物による幻覚症状
※引きに行く……売人から薬物を購入すること

【ワイ「ち、チノちゃん! 店内でマリファナ吸わないで!」 チノ「うるさいですね……」プハーッ】の続きを読む

1591339027340[1]

1: 名無しのおじさん 2020/10/25(日) 03:35:43.86 ID:zYUds2ZjM
 警察庁のまとめによると、大麻事犯の二〇一九年の検挙数は四千三百二十一人で、五年前から倍増。二十代以下の若者が全体の59%を占める。二〇年上半期は前年同期比9%増の二千二百六十一人で二十代以下は69%に達する。大学生は一五年の三十一人から、二〇年は上半期だけで百十六人に上り、広くまん延しているようだ。
 
背景に会員制交流サイト(SNS)の普及が挙げられる。元厚生労働省麻薬取締官の瀬戸晴海さんによると、大麻はSNSで「草」や「野菜」などの隠語で呼ばれ一グラム五千~七千円で取引されており、覚醒剤の十分の一程度の価格で手に入るという。
 海外の一部には合法化した国や州もあり、「害がない」「依存性が低い」などの誤った情報が若者世代にとどまらず伝わっている。瀬戸さんによると、大麻に手を染めた若者の三割は覚醒剤など深刻な薬物の乱用に結び付く。ゲートウエー(入り口)ドラッグと呼ばれるゆえんだ。

ソース 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/141657

【若者大麻汚染 SNSでは"草"の隠語で気軽に取引 「酒より害がない」などの誤った情報も】の続きを読む

Vza87nvH_400x400[1]

1: 名無しのおじさん 2020/09/22(火) 01:07:18.57 ID:l5KLlPShM
広島県警は9日、メキシコで自身が運営するインターネットサイト上で薬物使用や薬物犯罪をあおる記事や動画を日本語で公開したとして、麻薬特例法違反(あおり、唆し)の疑いで、東京都江東区枝川3丁目の自営業岸上馨容疑者(29)を再逮捕した。県警によると、薬物使用をあおった容疑で国外犯規定を適用し、逮捕したのは全国初。

再逮捕容疑は、氏名不詳の人物と共謀し、6月末から9月9日ごろまで、メキシコで容疑者らが運営するサイト上に「マリフアナ喫煙体験レビュー」などと題した日本語の記事や動画を公開し、薬物使用や薬物犯罪をあおった疑い。岸上容疑者は黙秘している。

https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201912/sp/0012946300.shtml?pg=amp

【メキシコで「マリファナ体験レビュー」を書いた日本人、広島県警に逮捕される】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2020/09/16(水) 11:09:47.99 ID:0xuZdt8F0
https://news.yahoo.co.jp/articles/38f8ff329e68f75e904e87ac3964c8368e9b8871
「久しぶりに吸えて感動」などSNS上に大麻に関する書き込み…閲覧者に濫用あおった疑いで男女2人を逮捕

 SNS上で公開されたチャットで、大麻に関する書き込みをし、閲覧した人に対し、規制薬物の濫用をあおったなどとして男女2人が逮捕されました。


 麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは、神奈川県相模原市の無職 野呂良一容疑者(32)と、東京都江戸川区の無職 岡田真奈美容疑者(37)です。

 2人は、3月から5月にかけ、不特定多数の人が閲覧できるSNSのチャット内で、大麻使用に関する情報を書き込み、閲覧者の薬物使用をあおった疑いがもたれています。

 警察によりますと、岡田容疑者は「久しぶりに吸えて感動してます」「やっぱWeed上手いーっ」など、800回以上に渡り書き込みをしたとみられていて、約80人が閲覧したということです。
書き込みが行われたチャットは現在は削除されています。

 警察の調べに対し、2人は、容疑を認めています。

 愛知県内では10代から20代の若年層の大麻に関する取締件数が増加傾向にあり、おととしが102件、去年が161件、今年は8月末までで159件に上っていて、警察は警戒を強めています。

【【悲報】SNS上に「大麻うめえw」と書き込んだアホ、逮捕へ】の続きを読む

このページのトップヘ