おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

natubate[1]

1: 名無しのおじさん 2019/02/01(金) 13:45:56.73 ID:DavtR5F10 BE:878978753-PLT(12121)
2018年は人類史上4番目に暖かい年だったそうです。そして今年2019年はさらに暖かく、いや暑くなりそうです。

米国の気候変動に関する独立研究機関Berkeley Earthの発表によると、1951〜1980年の平均気温より現在の地球は0.77度気温が高くなっているそう。
NASAも同じ発表をしています。

2018年は「暖かかった年ランキング」5位の2010年よりもずっと暖かい年でした。実はランキング入りしているトップ4はすべて過去4年間なんです。
気候変動でもう暖かい年がデフォルトになりつつありますね。この先はどんな気候パターンが起こり、どんな風に変わっていくのでしょうか。

エルニーニョ現象は、南米ペルー沖の太平洋海面温度が高くなる現象のことを言いますが、科学者たちもBerkeley Earthの人たちもエルニーニョの影響で2019年は記録を作るような暖かい年になりそうだと予想しています。

https://www.youtube.com/watch?v=7xTcIJ2fuWw



「2019年はおそらく2018年よりも暖かい年になると我々は推計しています。しかし、これまでで一番暖かかった2016年ほどではないと考えています。
2019年は、1850年以降史上2番目の暑い年になる可能性が50%ほどです」と分析発表されています。

今年はすでにその予感をヒシヒシ感じています。南半球にある夏真っ盛りのオーストラリアは異常な暑さに見舞われていますし、
現在の時点ですでにアフリカやアジアも普通よりすでに暖かいそうです。

Berkeley Earthの気温分析は世界の気温の記録のひとつですが、国立気象局の記録と年間アップデートもそろそろ出てくる頃で、
NASAなど他の機関も年間平均気温のデータを取っています。いろんな機関から出揃っても、おそらくBerkeley Earthの予想に似たものになると考えられています。
また猛暑になるのか...。考えるだけでもう汗が出てきますね。

https://www.gizmodo.jp/2019/02/last-year-was-a-hot-one-and-2019-will-be-hotter.html

【太陽「去年の夏暑かったの覚えてる?でもね今年の夏はもっと暑いから。今のうち涼んどいてゴメンね」 】の続きを読む

71r+fqHAVAL._SY355_[1]
1: 名無しのおじさん 2018/11/06(火) 07:16:09.25 ID:0pWOJMJb0
猛暑でアース製薬 業績ダウン アウトドア減り 蚊も元気なく

家庭用の殺虫剤などを手がける「アース製薬」は、ことし1年間の決算の最終的な利益の見通しを
大幅に下方修正しました。猛暑の影響でアウトドアを楽しむ人が減り、虫よけなどの売り上げが
減ったことが主な要因だとしています。

発表によりますと、アース製薬はことし12月期の決算の最終利益の見通しについて、これまでの
30億円から95%少ない1億5000万円へと大幅に下方修正しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181105/k10011699411000.html

【アース製薬「今年は猛暑で蚊が少なかったなあ」→95%減益】の続きを読む

20170718-174856-1-0007_l[1]

1: 名無しのおじさん 2018/08/17(金) 07:37:59.99 ID:LQcdZ6j1M
誰もやってない模様

【マスコミ「日傘男子ィ…流行れェ…流行れェ…」ニチャア  →結果 ww 】の続きを読む

necchusyou_shitsunai[1]

1: 名無しのおじさん 2018/08/10(金) 14:42:59.95 ID:QFajyJIMa
JOY君🍋1日目東ヤ46a
@joy_gowawa
すごい、3分に1人のペースで車椅子で人が運ばれていく #C94

2018年8月10日(金) 11時57分03秒
リツイート: 2,186お気に入り: 978

【【悲報】コミケで3分に1人のペースで車椅子で運ばれていく異常事態が発生www 】の続きを読む

reitocycle[1]

1: 名無しのおじさん 2018/08/03(金) 12:29:04.16 ID:dVJ/MozI0
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180802/k10011560661000.html

2年後の東京オリンピックで課題になる猛暑への対策につなげようと、陸上のマラソンコースとなる
東京 日本橋で、冷房の効いた店舗を開放する「クールシェア」についての意識調査が行われました。

大会の組織委員会は、観客への猛暑対策が特に必要な競技の1つに陸上のマラソンを挙げており、
スタート時刻を午前7時にするとともに、コース沿いの店舗やビルで冷房の効いた1階部分などを
開放してもらう「クールシェア」の取り組みを活用する方針です。

マラソンコースになる東京 日本橋では「クールシェア」がすでに行われている百貨店やビルがあり、
2日は取り組みを進める環境省と大会組織委員会が連携した意識調査が行われました。

調査では「競技の時間に特別に店を開けて『クールシェア』できる環境をどう感じるか」とか
「施設を増やすべきか」などを訪れた人たちに尋ねていました。

環境省は結果をまとめたうえで、組織委員会と共有し、効果的な対策につなげていくことにしています。

調査に答えた30代の女性は「東京大会のマラソンは小さい子どもからお年寄りまでみんなで楽しみたいので、
『クールシェア』をぜひ進めてほしい。そうでないと暑くて危ないです」と話していました。

環境省の担当者は「年々気温が高くなってきており、熱中症対策として東京大会の一助にしたいと
考えているので、力を入れてきていたい」と話しました。

【東京都「マラソンコース打ち水だけじゃ無理や…コースにエアコンつけれたらええのに…せや!」 】の続きを読む

このページのトップヘ