おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

医療

o0480024713024212463[1]

1: 名無しのおじさん 2019/11/28(木) 22:04:50.40 ID:lEkdRfXua
初期の治療には「人工真皮」と呼ばれる人工皮膚を使用。その後、自分の皮膚組織の一部から培養して皮膚を作り出す「培養表皮」を使って移植する手術を繰り返した。培養に時間がかかるため、その間に人工真皮だけで治療するのは難しく、感染症などへの高度な対策が必要になる。
 提供皮膚を使わない条件下で広範囲のやけどを治療するケースはほとんどなく、結果的に初の事例となった。

【京アニ青葉、世界初の”他人の皮膚を移植しない”治療法が成功。医学界にも名を残す】の続きを読む

oshiri_itai_man[1]

1: 名無しのおじさん 2019/11/01(金) 10:13:22.86 ID:vpPdOUYa0
no title

【【悲報】肛門科に救急搬送された患者、9割が男だった】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2019/10/20(日) 01:11:55.56 ID:yinPOsz10
舐めた商売ですわ

【人間の血ってもっと価値あるだろ…なんで献血でお菓子しかもらえんの? 】の続きを読む

f516a02008f3299ed7dd85ce18d6beef[1]

1: 名無しのおじさん 2019/08/25(日) 06:07:10.89 ID:EGmpbiq2p
若い血液注入でマウスが“若返り”
人間への応用は「秒読み」とも

明らかになったのは、
神戸医療産業都市推進機構のプロジェクトである「若返り」の研究結果。
米ワシントン大医学部教授で同機構の客員上席研究員である
今井眞一郎氏によると、
人の血液中を流れる酵素「eNAMPT」がそのカギだという。

注入していないマウスは毛が抜けてしまっているのに対し、
注入したマウスは毛並みがよくツヤもある。

「体の活動が1年くらい若いレベルに保たれる。(マウスの若返りの)1年というのは、
人間の70~80歳が30~40歳くらいの活動レベルを保つ感じ」
と今井教授。

画像
no title


https://abematimes.com/posts/7006681

【若い血液注入で若返る 80歳が30歳になる 日本のマウス実験で判明】の続きを読む

press_03_03_13[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/16(火) 03:13:21.86 ID:t9EWaa400
そろそろ治せてもええ頃やろ

【癌ってなんで治せないんや】の続きを読む

このページのトップヘ