gazou_0099[1]

1: 名無しのおじさん 2018/09/26(水) 10:04:59.64 ID:Q9NZd5lC0
 今春、重度脳性まひの中学男子生徒が、夜間定時制の神戸市立楠高校(同市兵庫区)を受験、受験者数が募集人員を下回る定員割れだったのに不合格となった。
兵庫県淡路市の権田祐也さん(16)。県内の公立高校入試でただ一人の「定員内不合格」だった。
卒業後の行き場を失った祐也さんは、楠高校内にある識字教室に通うが、「高校生になりたい」という思いは消えない。
障害者の定員内不合格は全国の高校で相次ぐ。共に学ぶとは何かを考える。

http://mainichi.jp/articles/20180923/ddn/010/100/053000c?inb=ra

【【悲報】脳性まひの中学生、高校入試で定員内不合格…「障害を理由に入学拒否した差別だ」】の続きを読む