おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

値上げ

1: 名無しのおじさん 2019/05/30(木) 05:39:25.46 ID:qTGW99Gw0
no title

no title


no title

【【超画像】セブンイレブンのソーセージドッグ、逝くwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2019/05/18(土) 13:12:22.66 ID:jKXzcm+K0
「今回のリニューアルでは、いなり寿司の皮、調理の工程などを改良しており、味も若干異なります。そもそも別の商品となっています。
確かに、一見すると同じ商品のように捉えられるかと思いますが、品質の見直しをしているため従来品とは異なります」

   新商品名の由来は「いなりの皮をこれまでより厚くしております。じっくり揚げることで、より汁を吸いこみ、より厚くなります。
こうしたことから『ジューシー』という表現を用いています」としており、従来品との違いを強調。その上で個数の減少についても、

「内容量は3個から2個に減っていますが、1個あたりのサイズ・重量は上がっており、1包装あたりの総重量に大きな変化はありません」

と話している。一部エリアで先んじてテスト販売を実施したところ好評だったため、5月14日から全国販売に至ったという。

https://www.j-cast.com/2019/05/18357765.html

【セブンイレブン、いなり値上げの指摘に反論「味もサイズも違う、そもそも別商品」】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/05/14(火) 16:27:22.90 ID:7vqDXIJr0● BE:151915507-2BP(2000)
やわらかジューシーいなり 2個入り
190円(税込205円)
販売地域全国(九州除く)
https://www.sej.co.jp/i/item/11030004541800.html?category=365&page=1


no title


馬券師 傀?@SmodE9x6Sz1CU0P
どうよ
この潔い値上げ
普通50gを40gに内容量を減らして
価格はそのまま的な実質値上げなんて消費者に値上げがわからない姑息な手段使うんだけど
今まで3個200円を2個205円だぞ

【【アベノミクス】セブンイレブン、いなり寿司を3個から2個にしてお値段据え置きする神リニューアル】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/05/06(月) 11:31:21.99 ID:5gIzAWb80 BE:837857943-PLT(16930)
日清食品は5日、即席のカップ麺や袋麺、カップライスなど同社製品の約8割にあたる計約160品目を、6月1日出荷分から
値上げすると発表した。メーカー希望小売価格を4~8%引き上げ、「カップヌードル」(レギュラー)は税抜き180円から193円、
袋麺の「チキンラーメン」(レギュラー)や「出前一丁」は同105円から111円になる。

値上げは2015年1月以来、4年ぶり。原料となる具材や包材費のほか、製造ラインの人件費や物流費も上昇しているためという。

https://www.asahi.com/articles/ASM254T70M25ULFA00P.html
日清食品の「カップヌードル」(レギュラー)の希望小売価格は税抜き180円から193円にする

no title


買いだめしとけ

【【6月1日から】日清食品、カップヌードル(180円→193円へ)など値上げ 1食あたり6~15円】の続きを読む

Ikinari-Steak-Tsunashima-26[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/09(火) 15:23:41.15 ID:b2NmPxLlr
肉の量り売り形式で人気を博したレストラン「いきなり!ステーキ」が失速している。
運営するペッパーフードサービスが14日に発表した2月の既存店売上高は、前年同月比75.1%にまで落ち込んだ。
これで前年割れは2018年4月から11カ月連続となった。

17年末に186あった店舗は、18年末には386店に拡大。わずか1年で店舗数を倍増させた。
それによって、「近隣の店同士が客を取り合うカニバリゼーション(自社競合)を起こし、客数の低下を招いた」(同社)。
「いきなり!ステーキ」の2月の既存店売上高は、前年同月比75.1%。
急拡大で自社の店舗同士が競合し、消費者の「飽き」が進んだ

背景には、値上げの影響もある。
食材の調達価格や人件費の高騰などを受けて、いきなり!ステーキは度々値上げをしてきた。

立ち上げた13年時点と比べると、1グラム当たり2円程度高くなっている。
来店客は平均で300グラム食べるため、およそ600円の負担増となり、「ステーキが手頃な値段で食べられる」という
価格優位性が薄れてしまった。都心部に比べ物価が安い地方の利用者は、これに敏感に反応した。
(略)

一瀬社長はさらなる増収策として、「ハレの日」需要を狙う高単価の新業態の立ち上げや
現在30あまりの店で実施している出前サービスの拡大などを掲げる。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/031900178/

【【悲報】いきなりステーキ、グラム5円→7円にした結果、売上高が25%も減る】の続きを読む

このページのトップヘ