20170118(4)[1]

1: 名無しのおじさん 2018/08/31(金) 14:09:04.07 ID:z06IuuL60
大量の馬券を購入した横浜市の元派遣社員の男性が、当てた馬券で得た収入は「事業所得」で、外れ馬券の購入費は経費として処理できると主張し、
国を相手に課税処分の取り消しを求めた訴訟で、男性の敗訴が確定した。
最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)が29日付の決定で、男性側の上告を退け、国側が勝訴した一、二審判決が確定した。

【【悲報】外れ馬券の経費算入認めず 課税取り消し求めた男性敗訴】の続きを読む