おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

事件

9b34125c[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/23(火) 13:38:58.49 ID:aucwJmgd0
no title

スペインのバレンシアに住むある美術収集家は、バロック期の画家であるバルトロメ・エステバン・ムリーリョの作品「The Immaculate Conception of Los Venerables」の複製画を修復するため、家具修復業者に1200ユーロ(約14万5000円)を支払いました。

ところが、修復された絵画に描かれていた聖母マリアは、明らかに元の絵画とは似ても似つかないものとなっており、持ち主は憤慨して元通りに復元するように命じました。
しかし、再度の修復でもやはり失敗し、もはや聖母マリアには見えないただのおばさんのような顔になってしまったとのこと。
以下の画像の左が元々描かれていた聖母マリアで、右上が1回目の修復、右下が2回目の修復で描かれた聖母マリア。だんだん悪化している様子がわかります。


ガリシア文化遺産保護修復学校のフェルナンド・カレラ教授は、こうした芸術作品の修復失敗事例は適切な訓練を受けた修復者のみが作業を行う必要性を強調していると指摘。
「私はこの男、または彼らが『修復者』と呼ばれるべきではないと考えています。正直に言いましょう。彼らはヘタクソで芸術作品を台無しにします」と、カレラ教授はコメントしています。

https://gigazine.net/news/20200623-spain-botched-art-restoration/

【【画像】「絵画の修復して」→「全く違う💢元に戻して」→】の続きを読む

yos[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/21(日) 19:34:30.19 ID:e4z3BM/S0
福岡県警筑紫野署は10日までに、
カードゲームで対戦した初対面の小学6年の男児(11)の顔に擦り傷を負わせたとして、
傷害の疑いで、無職の男(29)を逮捕した。
逮捕容疑は、9日午後2時55分ごろ、同県太宰府市のカード販売店で、男児の服の襟をつかんで顔に擦り傷を負わせた疑い。
筑紫野署によると、2人は人気アニメ「遊戯王」のカードを使って対戦し、男が2回勝った。
男児が立ち去ろうとしたとき、男が「逃げるんか」と言ったため、
男児がテーブルの上のカードを払いのけ、トラブルになったという。


【決闘者「━━━━━━━逃げるんか」小学生「………ッ!」】の続きを読む

toyamashissou-1[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/20(土) 01:06:32.79 ID:9d5aTa4R0
富山の少女2人、拉致可能性なし 96年失踪、海底の車から遺体

富山県警は19日、1996年に失踪した少女2人について、北朝鮮による拉致ではなかったと明らかにした。

全文
https://www.chunichi.co.jp/article/75587

【1996年「肝試しに行く」と出かけた19歳女2人 海底に沈んだ車の中からミイラになって発見】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 20/06/17(水)16:08:04 ID:MEE
2018年12月、三重県津市で時速146キロの車がタクシーに衝突し5人が死傷した事故。
16日の判決裁判では、刑罰の重い危険運転致死傷罪ではなく、過失運転致死傷罪が適用され、被告に懲役7年の判決が言い渡されました。

中略

判決で津地裁は、「ハンドルやブレーキ操作の僅かなミスによって、事故を発生させる危険があったことは明らか」と指摘。危険な運転だったことは認めました。
その一方で「被告が運転技術を過信し、事故が発生する可能性を想定していなかったとみる余地が多分にあり、故意と認定するには合理的な疑いが残る」として、危険運転致死傷罪の成立は認めませんでした。
そして地検が予備的訴因として追加した過失運転致死傷罪を適用、その上限となる懲役7年の判決を言い渡しました。

ちょっと何言ってるのかわかんない

【【定期】地裁、またもやキチガイ判決】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2020/06/16(火) 08:42:48.20 ID:CutdSXGG0
 孫を装った男から「コロナで仕事が減って困っている」と電話を受けた岐阜県多治見市の84歳の女性が現金150万円をだまし取られました。

女性に孫はおらず、一度は電話を切りましたが、
その後、警察官を騙る男から電話があり、「振り込め詐欺の捜査に協力してほしい」と騙されたということです。

 5月中旬、多治見市に住む84歳の女性の自宅に、
孫を名乗る男から「コロナのせいで仕事が減って困っている。おばあちゃんお金を貸して」と電話がありました。

 女性には孫がいなかったため電話を切りましたが、数日後、警察官を名乗る男から「それは振り込め詐欺の犯人からの電話です。
騙されたふりをして捜査に協力してください」などと電話がありました。

 女性は男の指示通り、多治見市内のコンビニから神奈川県内のアパートに現金150万円を宅配便で送り、
その後、連絡がないことを不審に思い、15日、警察署を訪れたことで事件が発覚しました。

【詐欺師「孫やが150万振りこんで」ババア「孫は居ない」ニセ警官「騙された振りして150万振りこんで」】の続きを読む

このページのトップヘ