おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

事件

1: 名無しのおじさん 2020/07/03(金) 01:18:42.83 ID:OfZQa5xYp
7センチでも殺傷能力 キーホルダー型拳銃所持の疑い

殺傷能力のあるキーホルダー型の拳銃を所持していた疑いです。

 自称・無職の男は去年10月、東京・練馬区の駐車場で回転式拳銃2丁を所持していた疑いが持たれています。警察によりますと、拳銃は長さ約7センチで鑑定の結果、いずれも殺傷能力があると判明しました。去年9月、川崎市内の郵便局で横浜税関が検査をしたところ、男宛ての郵便物から火薬入りの薬莢(やっきょう)が見つかり、事情を聴いていました。「護身用に持っていた」と容疑を認めています。


https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18510825/?__twitter_impression=true

no title

【警察「なんだそのオモチャの銃はw?」無職「うおおおおお!!!(パァン」】の続きを読む

20200328223416518[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/24(水) 13:11:37.87 ID:Cp6zeIn30
映画『カンガルー・ジャック」(’03)などで知られる脚本家・プロデューサーのスティーヴ・ビングさんが22日、米ロサンゼルスにある27階建ての
高級アパートメントから飛び降りて死亡した。55歳だった。

TMZによると、 彼に近しい関係者が「彼は自宅待機期間中に人と会うことができず鬱状態になっていた」と話しているという。

ビングさんはスタンフォード大学在学中に、不動産ディペロッパーの祖父から6億ドル(約640億円)の遺産を相続。大学を中退した後、
ハリウッドで脚本家、プロデューサーとして頭角を現した。2003年のアクション・コメディ映画『カンガルー・ジャック』の脚本を共同執筆した他、
『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』(2004)などのプロデュースを務めた。ドキュメンタリー映画やショートフィルムも数多く手がけ、
来年公開予定の作品も控えている状態だった。

2000年代、パートナーだったエリザベス・ハーレイとの間に息子が、プロテニス選手リサ・ボンダーとの間に娘が生まれている。
2014年頃にはミランダ・カーとも交際していた。

また、熱心な民主党支持者であり、アル・ゴア元副大統領、カリフォルニア州知事ギャヴィン・ニューサム、ヒラリー・クリントン元国務長官、
下院議長ナンシー・ペロシらに献金していたことでも知られる。

https://news.livedoor.com/article/detail/18460536/

【アメリカの大富豪、うつ病で自殺 資産1000億ちょい】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2020/06/24(水) 12:25:26.83 ID:mTp3eSVP0
no title


【グレタ、年齢詐称がばれて炎上www】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2020/06/24(水) 03:23:10.14 ID:Dbqq+3seM
違法な大麻栽培は屋内で行われるケースが多数!警察庁では、大麻栽培が行われる場所の特徴を挙げ、そのような場所を知る方からの相談をお願いする目的でポスターを作成しました。相談された方の秘密は厳守されます!「もしかしてあの家で?」などと心当たりのある方は、まず相談!
no title

【【悲報】警視庁「一日中カーテンを閉めていたり室外機が常に動いてる部屋は通報して下さい」】の続きを読む

9b34125c[1]

1: 名無しのおじさん 2020/06/23(火) 13:38:58.49 ID:aucwJmgd0
no title

スペインのバレンシアに住むある美術収集家は、バロック期の画家であるバルトロメ・エステバン・ムリーリョの作品「The Immaculate Conception of Los Venerables」の複製画を修復するため、家具修復業者に1200ユーロ(約14万5000円)を支払いました。

ところが、修復された絵画に描かれていた聖母マリアは、明らかに元の絵画とは似ても似つかないものとなっており、持ち主は憤慨して元通りに復元するように命じました。
しかし、再度の修復でもやはり失敗し、もはや聖母マリアには見えないただのおばさんのような顔になってしまったとのこと。
以下の画像の左が元々描かれていた聖母マリアで、右上が1回目の修復、右下が2回目の修復で描かれた聖母マリア。だんだん悪化している様子がわかります。


ガリシア文化遺産保護修復学校のフェルナンド・カレラ教授は、こうした芸術作品の修復失敗事例は適切な訓練を受けた修復者のみが作業を行う必要性を強調していると指摘。
「私はこの男、または彼らが『修復者』と呼ばれるべきではないと考えています。正直に言いましょう。彼らはヘタクソで芸術作品を台無しにします」と、カレラ教授はコメントしています。

https://gigazine.net/news/20200623-spain-botched-art-restoration/

【【画像】「絵画の修復して」→「全く違う💢元に戻して」→】の続きを読む

このページのトップヘ