おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

ヨーロッパ

img_211be55bb97545a80015ac8ca8b930c5196525[1]

1: 名無しのおじさん 令和元年 05/01(水)23:52:42 ID:2Nb
日本人「貧乏人の僻みやねw」←先進国自殺率一位、格差拡大、社会保障破綻寸前


ええ…

【フランス人「俺たちの生活を良くしないならデモするわ」日本人の友達「プッw」】の続きを読む

img_0[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/17(水) 18:38:21.89 ID:99Kxa1IV0● BE:601381941-PLT(13121)
ノートルダム大聖堂の建築データ、4年前にデジタル化済み 再建に光

(CNN) 大規模な火災で尖塔(せんとう)が焼け落ちるなどの被害を出したパリ中心部のノートルダム大聖堂について、
建物の構造に関する精緻(せいち)な分析が4年前に行われていたことが17日までに明らかになった。デジタル技術を
駆使して得たこれらのデータは、昨年12月に亡くなった米国の美術史家が残したもので、大聖堂をかつての姿に再建する
際に重要な役割を果たす可能性がある。

2015年、当時米ヴァッサー大学で美術を研究していたアンドリュー・タロン教授は、レーザーを使用した大聖堂の綿密な計測を実施。
代表的ゴシック建築とされるノートルダム大聖堂のほぼ完璧な空間地図をデジタル化することに成功した。

建築物のモデリングを手掛ける企業を率いるダン・エドルソン氏は、「大聖堂を再建する際、火災以前の構造に何か疑問が生じても、
タロン氏のデータを参照して逐一計測できる」と説明。これらのデータは極めて正確で、ここ数年までは誰も算出できなかったほどの水準だという。

大聖堂の再建には数年かかる見通し。最も広範囲の修復が必要とみられる屋根部分は、火災でそのほとんどが焼失した。
それでも大聖堂の3Dスキャンに携わる専門家は、残されたデータが梁(はり)や全体的な構造を再現する助けになると強調。
「建物の隅々に至るあらゆる細部を、デジタル上で確認できる」と述べた。

一方で再建にあたっては、タロン氏のデータに加えて建築素材など過去の修復作業に関する情報も必要になるとみられる。

タロン氏は生前、ノートルダム大聖堂の破損状況に懸念を表明し、修復の資金を集める団体を共同で立ち上げてもいた。
17年に撮影した動画では、雨や汚染された空気にさらされ続けている大聖堂の石材に言及し、「多くの注意が払われるべきだ」
と語っていた。

no title


ソースに動画あり
https://www.cnn.co.jp/world/35135896.html

【ノートルダム大聖堂「こんな事もあろうかとデジタル化済みだ。3Dスキャンの測定データで再建できる」】の続きを読む

1555372156797

1: 名無しのおじさん 2019/04/16(火) 02:28:23.72 ID:JUyQ191P0
いかんでしょ

【【悲報】ノートルダム大聖堂、炎上】の続きを読む

05db365f[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/07(日) 19:45:12.34 ID:RXGyOrRGd
ポーランドは第2次世界大戦中の損害賠償金としてドイツに少なくとも9000億ドル(約100兆円)を請求する方針だ。
補償金評価議会グループのヤヌシュ・シェフチャク下院議員が雑誌「WPolityce」のインタビューで述べた。

シェフチャク氏は、ポーランド当局がこの30年間、戦後補償問題を無視していたことは「恥」だと批判した。

「ドイツは賠償金支払いに十分な資金を用意する必要がある」
ポーランドのドゥダ大統領は先に、ドイツからの戦後補償問題はまだ開かれているとの認識を示した。

ドイツ政府はポーランドに支払うつもりはないと繰り返し伝えている。

ドイツ側は、すでに十分多額の補償金を支払ったとした上で、ドイツに対するポーランドの賠償請求権の放棄を疑う根拠が無いと主張している。

ポーランド、ドイツに戦後賠償100兆円を請求方針
https://jp.sputniknews.com/europe/201904076110337/

【ポーランド「ドイツに戦争賠償請求する!100兆円よこせ!」】の続きを読む

3fa7f7c1-s[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/07(日) 05:27:57.60 ID:FaAW2NSe0
ヨーロッパ各国における2016年と2050年のイスラム教徒の割合

no title

no title

【【悲報】ヨーロッパ、終わる】の続きを読む

このページのトップヘ