おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

ペット

Cqt9FFzUkAA-Cwe[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/28(木) 09:41:36.07 ID:PfIeo2kHM
ワイ 「はい何かご用ですか?」
猫カス「特に用はない」

【猫カス「おう午前3時やぞ、起きろ(カリカリ」ワイ「ムニャムニャ」猫カス「おう起きろ言うとるやろ(ガブー」】の続きを読む

c4da6987531fc44c2826014e5699c011[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/15(金) 00:56:23.00 ID:NqDms4zT0
これがまたうンまいだわw

【猫の目の前でちゅ~る食うの楽しすぎワロタ】の続きを読む

ScreenShot-2018-08-09-17.45.51-e1533804408320[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/12(火) 03:08:17.77 ID:+wdWgcet0
no title

【【gif】イッヌさん、とんでもないぐう聖だった】の続きを読む

zaofoxvillage_0000[1]

1: 名無しのおじさん 2019/03/10(日) 14:55:22.20 ID:8ufoJdZh0
no title

かわいい

【わい、ペットにキツネさんを買うことを決意!!!!!!!!!!】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2019/01/19(土) 08:19:39.92 ID:CNtwuhbOr
野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。

ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

セルゲイは、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。セルゲイはクマに「メンブラー」という名前を付けてペットのように育てた。

しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるセルゲイさんを攻撃するようになった。これに対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがセルゲイさんは忠告を無視した。

ある日セルゲイさんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。行方不明の通報を受けた警察は、セルゲイさんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。

一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。
警察はセルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。警察は現場で銃で熊を射殺した。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4682206
no title
no title


【野生の子熊をペットとして育てていたロシア人、その熊に補食され骨にだけになって発見される 】の続きを読む

このページのトップヘ