おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

ガイジ

201511231958497b5[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/10(月) 06:24:01.55 ID:WNyLgqSh0
Black Teen Claims She's 'Transracial' White Woman, Hates Black People
https://www.ebony.com/entertainment/black-teen-transracial-dr-phil/

Urban Dictionary: Racial Identity Disorder
https://www.urbandictionary.com/define.php?term=Racial%20Identity%20Disorder

Transracial (identity) - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Transracial_(identity)

Passing (racial identity) - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Passing_(racial_identity)

Ethnic plastic surgery - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Ethnic_plastic_surgery

トランスはジェンダーだけではない?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。
二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。
沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!

https://bizseeds.net/articles/652

【【速報】「わたし、見た目は黒人だけど心は白人なの…」“トランス人種”という概念が爆誕】の続きを読む

subtecafueraa[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/06(木) 13:19:07.73 ID:ANEz52vla0606

【【悲報】白人さん、電車で大暴れ】の続きを読む

CYX5Hf5VAAA5YNw.jpg small

1: 名無しのおじさん 2019/05/22(水) 05:59:44.43 ID:0cOYnRzX0
山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。

 発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけていないなど軽装で、登山届も提出していなかったという。残雪に覆われた8合目付近で動けなくなり、午後0時40分頃、救助を求めた。

 曇天でヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。途中で男性と連絡が取れなくなり、捜索は午後9時半頃まで続けられた。その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは午後10時頃だった。

 富士山の山開きは7月1日。県警は「この時期の富士山は残雪があり、非常に危険。下山中の滑落や、救助隊員が二次被害に遭うおそれもあった」と指摘している。
https://yahoo.jp/kmAVig

【【悲報】20代男性、富士山から「動けない」救急要請するも勝手に下山し帰宅】の続きを読む

no title

1: 名無しのおじさん 2019/04/29(月) 17:56:32.43 ID:Txaw7A3apNIKU
うーん
no title

no title

no title

no title

no title

【ヴィーガンさん、肉フェスまでやってきて抗議活動】の続きを読む

o1280072014368486298[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/17(水) 16:34:53.85 ID:51ZrdpJ60
「セカンドレイプは本当にきついです。だけど泣き寝入りしたくない。未来の世代のためにも性被害にあった被害者はきちんと声を上げていかなくてはいけない」

 被害者の純子さん(仮名・34)は、インターネット上で“ウソつき”呼ばわりされるなど逆風吹き荒れる中、控訴審での逆転有罪判決を信じて、そう話した。

私は警察を呼ぶほど冷静だった
 2016年5月10日、純子さんは東京・足立区の柳原病院で右胸の乳腺腫瘍を摘出する手術を受けた後、執刀した乳腺外科の男性医師・佐田氏(仮名・43)に手術していないほうの胸を舐められたなどと被害を訴えた。

 準強制わいせつ罪で起訴された佐田医師に対し東京地裁(大川隆男裁判長)は2月20日、無罪判決(求刑懲役3年)を言い渡した。東京地検は3月5日、判決を不服として東京高裁に控訴。決着は先送りとなった。

 '16年8月25日の逮捕直後、現場となった柳原病院はホームページ上で《警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する》と声明を発表。

 純子さんに対しては《全身麻酔による手術後35分以内のことであり、その内容は、手術前の恐怖や不安と全身麻酔で行った手術後せん妄状態での幻覚や錯覚が織り交ざったものと確信する》と述べ
、全面的に佐田医師を守る姿勢を見せた。

 同僚医師らも「この事件が有罪となれば安心して医療行為ができなくなる」などと訴えたため多くの医療関係者が関心を寄せ、『外科医師を守る会』が発足した。佐田医師は「不当に105日も勾留され、
職を失い、信用を傷つけられた」として多くの同情を集め、裁判前から冤罪事件の被害者として扱われることに。

 一方、被害者である純子さんは、ネットでバッシングの対象となっていた。純子さんが“「ぶっ殺す」と叫んで暴れた”など、「医師側の言い分だけをもとに書いた記事だけが流れた」と純子さんは主張する。

「(病後の状態が不安なのに)病院にも行けません。乳腺外科医界隈で私の名前は知れわたっていますから」

純子さんは悲痛な面持ちで訴えた。

https://www.jprime.jp/articles/-/14933?display=b

【おっぱい舐められおかずにされた美人患者さん 「嘘つき認定され医療機関にも知れ渡り病院にも行けない】の続きを読む

このページのトップヘ