o0640041312458877645[1]

1: 名無しのおじさん 2020/05/21(木) 01:52:22.74 ID:eG3Sbz1Z0
「火男」は江戸時代の食べ物商売のお店などで、夜間に火を消してしまわないようにする仕事をする人です。

現在と違い、ライターやマッチなどがなく、苦労してつけた火を消さないようにする「火男」は欠かせない職業だったのです。

しかしこの夜間ずっと火を吹きつづける火男は非常に過酷な仕事でして、ほとんど休暇も与えられませんでした。

ゆえにこの仕事に就くのは他に働くところがない障害者が多かったそうです。

【【悲報】「ひょっとこ」、障害者だった】の続きを読む