おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

いきなりステーキ

IMG_7431-1[1]

1: 名無しのおじさん 2019/11/14(木) 20:50:37.28 ID:mJzOl5T/0
イキスギィ!

いきなりステーキ/44店閉店「減損損失」16億8500万円計上
2019年11月14日 決算


消費と流通の明日を読む/消費者還元対応、2020年の課題を識者が解説
ペッパーフードサービスは11月14日、いきなりステーキ業態44店を退店すると発表した。

いきなりステーキ489店の内、退店を意思決定した44店と収益性の低下が見込まれる3店において、2019年 12月期第3四半期会計期間に減損損失16億8500万円を特別損失として計上する。

いきなりステーキ業態において自社ブランド同士の競合が発生していることを鑑み、当初の出店計画を210店から115店へ見直し、既存店の売上対策に注力したが、引き続き自社ブランド同士の競合などの影響が払拭できず、既存店の売上高は大幅に落ち込んだ。

自社ブランド同士の競合を解消する為に検討した結果、いきなりステーキ業態を44店退店することを決定した。

また、退店を意思決定した44店において、家主に対する中途解約条項に基づく違約金などを、事業構造改善引当金繰入額として6億6100万円を特別損失に計上する。

特別損失の計上は、退店に伴う該当店舗の営業損失を減少させることと退店する店舗の近隣店舗の収益性を改善する目的で行ったという。

特別損失計上に伴い、2019年12月期通期連結業績予想を修正した。売上高665億3600万円(前回予想比12.9%減)、営業損失7億3100万円(前回予想20億6100万円の営業利益)、
経常損失7億3100万円(前回予想20億1200万円の経常利益)、当期損失25億300万円(前回予想15億2900万円の当期利益)とした。

https://www.ryutsuu.biz/accounts/l111451.html

【【悲報】いきなりステーキが逝きそう【定期】】の続きを読む

201511231958497b5[1]

1: 名無しのおじさん 2019/09/07(土) 14:04:59.57 ID:UdYo8zGla
59 番組の途中ですが\(^o^)/ (アウアウ Sae5-ud2d) 2016/06/05(日) 15:15:23.10 ID:0dHqG+cna
いきなりステーキはもう二度と行かない

300gのステーキが食べたかったんだが、嫁と息子も連れてきたため
みんなでグラムを合わせて食べようとしたら、息子が残すといい
グラム単位で得だからと嫁と自分のぶんを割って息子にと提案され
嫁がその通りにしたら、結局自分のグラムあたりは少なくなっていた 代わりに注文したら、前回と同じグラムあたりの値段にしてもらうとし
店員を呼んだらグラムが決まっているとのこと
わざわざ決めたグラムにしたのにそれもグラムあたりが決まってると言われてポカンとしたな
結局その店員と店長を呼んで土下座させて怒鳴りつけてやった
やっぱりステーキはちゃんとした高級店で食べるのがいちばん満足度が高い

【(#´ん`)「いきなりステーキはもう二度と行かない!」】の続きを読む

an[1]

1: 名無しのおじさん 2019/06/20(木) 01:41:37.02 ID:hBZRzAQ90
去年までは夕方は長蛇の列で2時間待ちはざらだったのに、
今は観光鳥が鳴いている

なぜ失速したのでしょうか?

【「いきなり!ステーキ」はなぜ失速したかを考察するスレ】の続きを読む

57960121_01_web[1]

1: 名無しのおじさん 2019/05/15(水) 14:56:19.65 ID:5xxkNgUa0

no title

【いきなりステーキが今度はいきなりオイスターと称して牡蠣を始める模様】の続きを読む

Ikinari-Steak-Tsunashima-26[1]

1: 名無しのおじさん 2019/04/09(火) 15:23:41.15 ID:b2NmPxLlr
肉の量り売り形式で人気を博したレストラン「いきなり!ステーキ」が失速している。
運営するペッパーフードサービスが14日に発表した2月の既存店売上高は、前年同月比75.1%にまで落ち込んだ。
これで前年割れは2018年4月から11カ月連続となった。

17年末に186あった店舗は、18年末には386店に拡大。わずか1年で店舗数を倍増させた。
それによって、「近隣の店同士が客を取り合うカニバリゼーション(自社競合)を起こし、客数の低下を招いた」(同社)。
「いきなり!ステーキ」の2月の既存店売上高は、前年同月比75.1%。
急拡大で自社の店舗同士が競合し、消費者の「飽き」が進んだ

背景には、値上げの影響もある。
食材の調達価格や人件費の高騰などを受けて、いきなり!ステーキは度々値上げをしてきた。

立ち上げた13年時点と比べると、1グラム当たり2円程度高くなっている。
来店客は平均で300グラム食べるため、およそ600円の負担増となり、「ステーキが手頃な値段で食べられる」という
価格優位性が薄れてしまった。都心部に比べ物価が安い地方の利用者は、これに敏感に反応した。
(略)

一瀬社長はさらなる増収策として、「ハレの日」需要を狙う高単価の新業態の立ち上げや
現在30あまりの店で実施している出前サービスの拡大などを掲げる。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/031900178/

【【悲報】いきなりステーキ、グラム5円→7円にした結果、売上高が25%も減る】の続きを読む

このページのトップヘ