おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

ニュース

88ab151a[1]

1: 名無しのおじさん 2020/12/26(土) 00:20:29.68 ID:cEysTatyM
公道を走る小型カートを貸し出す東京都内の会社に対し、大手ゲーム会社の任天堂が、「マリカー」という標章の使用禁止を求めた裁判で、最高裁判所はレンタル会社の上告を退ける決定をし、任天堂側の勝訴が確定しました。

小型カートを貸し出す東京 品川区のレンタル会社「MARIモビリティ開発」がマリオやヨッシーなどの衣装を貸し出し、「マリカー」と書いた標章を使っていたのに対し、人気ゲームソフト「マリオカート」を販売する任天堂は、不正競争行為にあたるとして、標章やキャラクターの使用禁止を求めました。

2審の知的財産高等裁判所は、ことし1月、「任天堂の『マリオカート』やキャラクターは著名で、レンタル会社はそれを不当に利用しようという意図を持って、不正競争行為を行っている」として、マリカーなどの標章の使用を禁止することや、キャラクターの衣装の貸し出しの禁止、それに5000万円の賠償を命じました。

最高裁判所第1小法廷の木澤克之裁判長は、25日までにレンタル会社側の上告を退ける決定をし、任天堂側の勝訴が確定しました。


【【朗報】公道マリカー、任天堂に完全敗北wwwwwwwww】の続きを読む

20140705000907[1]

1: 名無しのおじさん 2020/12/25(金) 14:56:41.31 ID:SIzRoeUEMXMAS
4月以降、各地の医療機関や支援団体の窓口で特に10代、20代からの妊娠相談が急増した。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛生活の影響により、予期せぬ妊娠や性被害が増えた可能性があるため、
厚生労働省の研究班が人工妊娠中絶に至る理由の背景や経緯について全国調査に乗り出した。
詳しく背景を分析することで、より有効な女性支援策につなげる狙いがある。

「休校中、彼氏と毎日セックスした。妊娠が心配だ」

 三重県のNPO法人「みっくみえ」にこのような電話相談が寄せられたのは6月。
松岡典子代表は「この頃からコロナの影響か、相談の増加が目立ってきた」と振り返る。

 松岡代表によると、緊急事態宣言下を含む4~9月の電話相談件数は約70件で、約100件だった前年分に迫る勢い。
約半数が10代といい、「学校や部活がなくなり、
これまで会員制交流サイト(SNS)を使っていなかった子が利用して知らない人に会っている」と話す。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/201220/dom2012200002-n1.html

【【悲報】10代の妊娠相談、激増してしまう「休校中だから彼氏と毎日セックスした」】の続きを読む

X913725_3L2[1]

1: 名無しのおじさん 2020/12/25(金) 20:15:07.56 ID:ny9OEUSL0XMAS
京都工場で製造した「スティックカラムーチョ ホットチリ味」の一部に「スティック海苔カラムーチョ スパイシーのり味」が誤って包装されていることがわかったということです。担当者が製造ラインに間違ったフレーバーの粉を入れてしまったことが理由だとしています。


どうすんのこれ…

【湖池屋「カラムーチョ」5万袋を自主回収へ】の続きを読む

DQ692kpV4AECW0g[1]

1: 名無しのおじさん 2020/12/21(月) 12:57:08.03 ID:g6it1DFL0
走行中の新幹線で「俺はコロナだ」と叫んで業務を妨げたとして、
愛知県警豊橋署は20日、威力業務妨害の疑いで、住居不詳、無職吉田久男容疑者(66)を現行犯逮捕した。
発熱やせきなどの症状はないという。

逮捕容疑では、同日午後5時10~26分ごろまでの間、東京行きの東海道新幹線車内で
「俺はコロナだ」「東京へ行くんだ、そこをどけ」と叫び、駆けつけた車掌の胸ぐらをつかむなどしたとされる。

吉田容疑者は大阪駅で乗車。通報を受けた署員に豊橋駅で取り押さえられた。

https://www.chunichi.co.jp/article/173828

【新幹線に「俺はコロナ」出現 「東京へ行くんだ、そこをどけ」と叫び現行犯逮捕wwww】の続きを読む

DPyP5utVQAAM6zE[1]

1: 名無しのおじさん 2020/12/16(水) 13:11:37.22 ID:dzqmd8340
米アリゾナ州メサの緊急通報ダイヤル(911)に、1本の電話がかかってきた。

「どうしましたか?」というオペレーターの問いに、電話の主はしばし沈黙した後、子どもの声で「チーズバーガーのハッピーミール(日本ではハッピーセット)をひとつください」とだけ言うと、電話を切ってしまった。

その15分後、ランドルフ・ヴァルデス巡査は発信元の住所へ到着した。もちろんその手にはハッピーミールの箱がぶら下がっている。

電話を掛けたのはチャーリー・スカベランドくん(5)。ヴァルデス巡査はチーズバーガーが入ったハッピーミールをチャーリーくんに手渡し、911はどのような時にかけるべき番号なのかを優しく教えてくれたという。

【警察「はい警察です。」5才児「…ハッピーセット一つください(ガチャン」警察「!!」】の続きを読む

このページのトップヘ