おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

ニュース

1: 名無しのおじさん 2018/10/19(金) 10:47:58.20 ID:tUdSHlD80
 2頭のイノシシが北九州市門司区の川に造られた砂防施設間に転落して、脱出できなくなっている。
イノシシは駆け上がろうと試みるが、途中で力尽き、川底を所在なげにうろつくばかり。
近所の住民は「このまま衰えていくのを見るのは忍びない」と区役所に相談したが、鳥獣保護法により手出しが出来ないという。

 現場は門司区北川町を流れる小森江川に設けられた砂防施設。
イノシシが落ちたのは、二つの砂防堤とコンクリート壁に囲まれた楕円(だえん)形の川底で、壁の高さは約6メートルある。
水はわずかしか流れておらず、ほとんどが土砂で覆われている。

 施設の目の前に住む、タクシー運転手の西津千代子さん(60)がイノシシに気付いたのは12日の朝。
自宅の2階からは川底が見渡せる。何げなく目をやったところ、2頭がいたという。周囲にエサになりそうなものはない。
「このまま命が弱っていく様子を、ただ見過ごしたくはない」と夫の利雄さん(62)と話し合い
「底から救い出して、山にかえしてもらえないか」と消防や区役所などに相談した。だが、答えは「どうにも手の出しようがない」だった。

 門司区役所や市鳥獣被害対策課の担当者によると、野生動物が自然界の中で今回のようなアクシデントに遭った場合、
鳥獣保護法の考えでは「原則として手出しをせずに見守ることになっている」という。

 さらにイノシシは農作物などに大きな被害をもたらしていることから、福岡県がわなや狩猟による捕獲の対象にもしている。

 砂防施設のコンクリート壁の間近に迫る山の斜面は、ところどころが崩落している。西津さんによると7月の豪雨の際に崩れたのだという。
西津さんは、斜面を駆けていたイノシシが崩落部分でバランスを崩して転落したのではと考えている。
「転落は自然界の出来事というが砂防施設は人間が造ったもの。せめて新たな転落が起きないよう、対策を講じて欲しい」と話した。(吉田啓)


no title

no title

no title

https://www.asahi.com/articles/ASLBL4J9BLBLTIPE01L.html?iref=comtop_8_06

【【悲報】イノシシ、砂防堤に落ち壁を昇れず脱出不能になる 】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2018/10/18(木) 03:29:23.74 ID:mo9UkLLF0
no title

no title

【【悲報】豊洲市場、早くも天井に穴が開く 】の続きを読む

afff217e[1]

1: 名無しのおじさん 2018/10/18(木) 07:22:18.57 ID:tLpkmBP5a
積水ハウスが購入代金をだまし取られた土地(中央)=東京都品川区西五反田で
no title


大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市北区)が東京・西五反田の土地取引をめぐって約55億円をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課が16日にも、偽造有印私文書行使や電磁的公正証書原本不実記録未遂の疑いで60代の会社役員の男ら男女約10人について、
事情聴取を始める方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。男らは所有者になりすまして他人の土地を無断で売買する「地面師」グループとみられる。

 捜査関係者によると、男らは昨年6月、東京都品川区西五反田2の旅館跡地(約2000平方メートル)の所有者を装って、土地の所有権を登記しようとした疑いが持たれている。

 積水ハウスは所有者になりすました男女らに跡地の購入を持ちかけられ、昨年4~6月に土地の取得代金として63億円を支払った。しかし、法務局での所有権の移転手続き中に印鑑証明などの偽造が発覚。
登記はなされず、同社は土地を取得できなかった。購入代金のうち55億5000万円が特別損失として計上されており、昨年9月に詐欺容疑で告訴していた。

 同社がまとめた調査報告書は、詐欺に気付く機会がありながら取引が進められたとし、和田勇会長(当時)と阿部俊則社長(同、現会長)の両方に責任があると指摘した。
責任の所在を巡って経営陣が対立し、今年1月に和田会長の辞任が決まった。【五十嵐朋子、佐久間一輝】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000001-mai-soci

【積水ハウス「部下が55億円の商談失敗したw」】の続きを読む

5bbc22f693032c16450574b2-w1280[1]

1: 名無しのおじさん 2018/10/16(火) 07:55:01.00 ID:98VV+r2Z0
サウジ、失踪記者の死亡認める報告書を準備=CNN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000010-reut-m_est

[ワシントン 15日 ロイター] - サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題で、
サウジ当局は、同氏に取り調べを行ったところ誤って死亡させたとする報告書を準備しているという。
米CNNが15日、匿名の関係筋2人の話として伝えた。

それによると、うち1人は報告書はなお変更される可能性があると話した。また別の関係者によると、
今回の対応が許可なく行われ、関与した人物が責任を問われるとの内容が報告書に含まれる見通しだという。

【【悲報】サウジアラビアさん「やっぱ記者を取り調べ中に誤って殺してたわ、すまんな」】の続きを読む

images(3)

1: 名無しのおじさん 2018/10/11(木) 15:49:47.65 ID:ebQuE5X10
大量のネズミ 築地市場から拡散のおそれ 周辺地域は戦々恐々


83年の歴史に幕を閉じた東京の築地市場では11日から解体工事が始まりますが、敷地内に住み着いた大量のネズミが周辺に拡散するのではないかと地元では不安が広がっています。

今月6日に営業を終えた東京 中央区の築地市場では、東京ドームの5倍にあたる敷地にある155棟の建物の解体工事が11日から始まります。

長年にわたって鮮魚や野菜を扱ってきた市場の敷地内には大量のネズミが生息し、市場を管理する東京都は、建物の構造が複雑なこともあって生息数は「推定困難」としています。

東京都は、ネズミの拡散を防ぐため市場の周辺に板や金網をはり、敷地内に400個の捕獲かごを設置するなどの対策を進めていますが、完全に封じ込めることは難しいとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181010/k10011666071000.html

【【悲報】築地市場のネズミ数千匹が周辺に拡散 】の続きを読む

このページのトップヘ