おじさんの雑記帳

おじさん世代の気になる情報をまとめていきます

携帯・スマホ・ガジェット

no title

1: 名無しのおじさん 2020/11/24(火) 16:58:41.90 ID:0kU8I5nh0
新型コロナウイルスによるパンデミック発生後、世界中の子どもたちが外に出かけて遊ぶことを制限され、代わりに自宅で過ごす時間が増えた。
しかしその結果、思わぬところで被害を被っている家族もあるようだ。

母親のスマホが自由に使えた理由

韓国・ソウルに住むキムさん(48歳)は銀行口座を見て愕然とした。およそ1億3000万ウォン、日本円にして約1200万円相当が無くなっていたのだ。

なんと11歳になるキムさんの娘が母親のスマートフォンを使い、ライブストリーミングサービス「ハクナライブ」で、ライブ配信者にサービス内通貨を送る、いわゆる投げ銭を行っていたことが判明。
娘は、35人の配信者に対して、8月3日から12日の10日間の内に、この大金の投げ銭をしていたという。

今月4日、キムさんは地元ラジオ局CBSのインタビューに応じ、母親は視力と脳に障害を持っていたため、自身のスマートフォンにはロックをかけていなかったことを明かした。
そのため、娘が自由にスマートフォンを使用できる環境となっていたのだ。

キムさんは配信者全員に払い戻しを求めたところ、幸いそのうちの何人かは返金に同意したが、最終的に約4600万ウォン(約400万円)は回収することができなかったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2af0ef070ee0e3eeeedfe94529334f807af139b8

【【朗報】11歳のクソガキ、母親のスマホで1200万円も投げ銭してしまう】の続きを読む

2fea471c58377eea295140025f2670c2[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/18(水) 06:39:47.81 ID:kuQm4LJZa
OPPO、巻取りスマホのコンセプトモデル「OPPO X 2021」を公開

 オッポは、同社のイベント「OPPO INNO DAY」においてコンセプトモデルのスマートフォン「OPPO X 2021」を発表した。

 OPPO X 2021は、巻取り式のスクリーンを持つスマートフォン。収納時は一般的な6.7インチのスマートフォンの形状をしており、本体を左右に引き出すことで画面が7.4インチに拡張される。

 巻取りの構造には「Roll Motor Powertrain」と呼ばれる機構を内蔵。巻取り軸の直径は6.8mmという。筐体は、2つのフレームがが噛み合うような「2-in-1 Plate」という構造により、現在、市場に流通している折りたたみ式のような段差を無くしている。

 コンセプトモデルのため、OPPO X 2021が一般に流通する見通しは低いものの、OPPOではスクリーンの巻取りに関する12の特許を取得したことなどを明らかにしており、今後、同機の開発で得たノウハウを投入したモデルが投入されると見られる。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1289759.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【速報】中国さん、「巻取り式スマホ」を発表!】の続きを読む

1: 名無しのおじさん 2020/11/17(火) 00:44:11.72 ID:cNFQfaGZd

【【朗報】電子書籍端末、折り畳みタブレットによってガチで完全体になってしまう】の続きを読む

fcd14216b5d623b1[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/14(土) 14:19:39.53 ID:A/ASsOXhr
わかるやつおる?

【電車ワイ「スマホ弄らずボーッとしたろ」周りの乗客「ヒエッ…この人頭おかしい……」】の続きを読む

EXfQ--fU0AEGeVM[1]

1: 名無しのおじさん 2020/11/14(土) 15:52:54.29 ID:l/lCmDcX0
6G研究開発で基金 総務相が創設表明 3次補正で

武田良太総務相は13日、2030年代の実用化を目指す通信規格「6G」の研究開発に充てるための基金を創設すると表明した。
政府・与党が年末にまとめる20年度第3次補正予算案に関連費を盛り込む。米中なども研究費の確保を急いでおり、日本が国際競争で後れを取らないようにする。

自民党本部で二階俊博幹事長と会談後、記者団に明らかにした。「将来の産業や社会活動の基盤となる6Gの国際競争に勝つため官民で研究開発に取り組む」と述べた。

【【朗報】日本政府「1000億円出す!!! これで6Gで中国に勝て!!!!」ドンッ!】の続きを読む

このページのトップヘ